ウインターダイエットを制する! 『痩せ細胞』活性化骨盤ダイエット

そろそろ、お正月太りから抜け出し、怠けた体をシャキッとさせたいですね!

とはいえ、なかなか、この寒い時期に外に出てジョギングしたり、ウォーキングしたりの運動はキツイ! そんな方に、家の中でできて、しかも効率よくリセットする方法をご紹介します。

実は、冬は夏よりも体の基礎代謝が高まっているダイエットするにはお得な季節。
体は外気温が低いほど、体温維持のために体温を作り出す必要があるので、カロリー消費が活発になっています。冬に太るのは仕方ない……なんて諦めずに、今年は冬を味方につけてウインターダイエットを成功させましょう!

人は寒い時期になると働き始めるヒーター『褐色脂肪細胞』というものを持っています。褐色脂肪細胞内には、脂肪燃焼工場でもある『ミトコンドリア』が数多く存在し、褐色脂肪細胞が活発に働き始めると、溜めこんだ脂肪を燃焼しエネルギーに変える働きをしてくれます。

つまり基礎代謝が上がり、ダイエット効果につながるということ。女子にはなんともウレシイ細胞なのです。この褐色脂肪細胞は、首の周り・わきの下・肩甲骨の周り・心臓・肝臓の周りにあり、それぞれの部位に動きをつけてコリを取ることにより、痩せやすい体質になれますよ。


強度別エクササイズで効果実感!
弱度編:背広筋+大円筋+小円筋+大菱形筋+小菱形筋 他

寒いとついつい背中が丸くなり、猫背になりがち。猫背になると、圧倒的に見た目年齢が老けるだけでなく、代謝が悪くなりむくみやすい体になるという、まさに“百害あって一利なし”の恐怖の姿勢。背中の筋肉、広背筋、脊柱起立筋などを刺激するとともに、褐色脂肪細胞が多く分布される肩甲骨周りを動かして、姿勢を正し、より多くのカロリー消費を狙いましょう。

 

002

猫背にならないように背すじを伸ばして

1. タオルをしっかり張った状態を作り、大きく息を吸いながら両腕を頭の上へ伸ばしましょう。

 

003

中心がぶれないように顔はまっすぐ正面を向いて

2.大きく息を吐きながら、両肘を曲げて頭の後ろ側を通って限界まで肘を下げましょう。

 

004

肩甲骨をしっかり動かしましょう

3.1~2を繰り返し10回程度行いましょう。