寒くなる季節に食べたい辛麺料理

スピード担担麺定食

胡麻の風味と辛さが特徴の担担麺は、寒くなる季節にぴったりです

日に日に秋が深まり、寒さを感じるころとなりました。こんなときは身体が芯からあったまるピリッと辛い料理が恋しくなります。そこで今回は手早く作れる担担麺をメインに、副菜二品をつけた一麺二菜の献立を紹介します。

長く保存できるため、常備菜にぴったりの中華風肉味噌を作り置きしておくことで、帰ってからわずか15分で用意できます。中華風肉味噌は他の料理にも使いまわしが効くので、たっぷり作っておくのがおすすめです。

■レシピはこちら!
中華風肉味噌
スピード担担麺
長芋と水菜のサラダ 柚子胡椒ドレッシング
冷奴の豆鼓だれ

スピード担担麺の段取り

スピード担担麺定食の段取り

スピード担担麺定食の段取り

作り置き10分+夕方15分でできる一麺二菜の段取りです。

作り置きの「中華風肉味噌」は、時間のあるときにたっぷり作っておきましょう。冷蔵で1週間程度、冷凍であれば1ヵ月程度保存できます。

夕方は「スピード担担麺」のお湯を沸かしているうちに、副菜の「長芋と水菜のサラダ」と「冷奴の豆鼓だれ」を仕上げてしまいます。いずれも5分とかからず作れてしまう簡単レシピです。お湯が沸いたら、最後に「スピード担担麺」を仕上げ、伸びないうちにいただきましょう。

次のページでは、スピード担担麺定食の献立と、かかった費用を紹介します>>