さんまのムニエル ビーンズソース添え

所要時間:45分

カテゴリー:メインのおかずムニエル

 

さんまのムニエル ビーンズソース添え

和食の定番魚のさんまを今回はムニエルにして洋風に仕上げました。フライパン1つで簡単に作れるのが最大のポイントです。秋の味覚の代表選手、さんまはビタミンAが豊富に含まれています。アントシアニンを含むなすとレッドキドニーをたっぷり入れたソースにからめて頂きます。

さんまのムニエル ビーンズ添えの材料(2人分

さんまのムニエル
さんま 骨が除かれ開きになっているもの 140g
小さじ1/6
こしょう 少々
薄力粉 大さじ2
加塩バター 10g
大さじ2
醤油 小さじ1
ビーンズソース
なす 70g
たまねぎ 60g
インゲン豆 レッドキドニー水煮缶 30g
70ml
ニンニク おろしたもの 少々
ケチャップ 大さじ2/3
あしらい
小ねぎ 2g
さんまはおなかがまるまるとしており、身が反っているものを選びましょう。また背中が青黒く、おなかは銀色に輝いており、口の先が黄色いものが良品です。さんまは脂が多いので傷みやすいです。買ったその日に食べるようにしましょう。今回は骨が除かれ開いた状態になっているものを購入し調理しました。

さんまのムニエル ビーンズ添えの作り方・手順

さんまのムニエルの作り方

1:さんまに下味をつける

さんまに下味をつける
バットに二等分にしたさんまを並べ、塩とこしょうをまんべんなくふり10分ほどおきます。
さんまを自宅で開きにする場合はこちらの行程1~6を参照にしてください。

2:さんまに薄力粉をまぶす

さんまに薄力粉をまぶす
表面に浮き出た水気をペーパータオルなどで拭き、薄力粉を全体にまぶします。

3:フライパンで焼く

フライパンで焼く
フライパンを熱し加塩バターを入れて全体になじませます。さんまを身の方を下にしてきつね色の焼き目がつくまで焼きます。

4:ひっくり返し、酒を入れて蒸す

ひっくり返し、酒を入れて蒸す
ひっくり返して、酒を加えふたをし1分ほど蒸します。

5:醤油を加える

醤油を加える
フライパンの際から醤油を加え全体に広げて焼き付けます。

ビーンズソースの作り方

6:野菜を切ってフライパンに加える

野菜を切ってフライパンに加える
なすはへたをとり半月型に薄くスライスします。たまねぎは皮をむきイチョウ型に薄くスライスします。さんまのムニエルを焼いたあとのフライパンにおろしニンニク、なす、たまねぎを入れて弱火で3分ほど加熱します。
さんまのムニエルは皿に盛り付けておきましょう

7:水とケチャップを加える

水とケチャップを加える
水とケチャップ、レッドキドニーを加えて1分ほどさらに炒めます。

盛り付け

8:盛り付ける

盛り付ける
皿に盛りつけておいたさんまのムニエルの脇にビーンズソースを添え、上に小口切りにした小ねぎをあしらいます。

ガイドのワンポイントアドバイス

ビーンズソースはさんまの他にさばやタラのムニエル、また鶏肉のソテーなどと一緒に食べても美味しいです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。