韓国風サンマのかば焼き丼

所要時間:30分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物

 

韓国風サンマのかば焼き丼

脂ののったサンマとピリっと辛い濃厚なタレは驚くほど好相性。ご飯はもちろん、お酒のお供としても最高ですよ。いつもと違ったサンマの食べ方をぜひお試しください。

韓国風サンマのかば焼き丼の材料(2人分

韓国風サンマのかば焼き
さんま 2尾
れんこん 5cm長さ
ししとう 4~6個
ねぎ 適量 (白髪ねぎ)
青じそ 適量
小麦粉 適量
少々
ごま油 大さじ1
かば焼きのタレ
ニンニク 小さじ2 (すりおろし)
たまねぎ 適量 (すりおろし)
コチュジャン 大さじ1と1/2
醤油 大さじ1と1/2
みりん 大さじ1と1/2
大さじ1と1/2
きび砂糖 大さじ1と1/2 (上白糖でも可)
150~160cc

韓国風サンマのかば焼き丼の作り方・手順

韓国風サンマのかば焼き

1:

サンマは三枚おろしにする。塩(分量外)をふり、しばらく置く。キッチンペーパーで水気をしっかりとり、小麦粉を薄くふって余分な粉ははたいておく。
タレの材料は混ぜ合わせておく。

2:

熱したフライパンにごま油を入れ、れんこん、ししとうを入れて炒め、火が通ったら取り出す。ししとうは塩を少々ふる。
1のサンマの皮を下にして入れ、中火できれいな焼き色がつくまで焼く。裏返し、身側をさっと焼く。
サンマを焼く際、油が足りないようでしたらごま油を足してください。

3:

余分な油をキッチンペパーでふきとる。フライパンを火から離してタレの材料を入れ、強火にかける。サンマ、れんこんを入れ、たれがとろりとしてきたらそれぞれ返し、手早く煮からめる。
器にご飯を盛り、さんま、れんこん、ししとうをのせ、余ったタレをかける。白髪ねぎ、青じそを合わせたものをのせ、好みで白ごまをふる。
タレが多めに残っている場合は、ご飯にタレを軽くかけるとよいでしょう。

ガイドのワンポイントアドバイス

さんまの他、いわしやアジでも美味しくいただけます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。