体育の日、2019年は10月14日

体育の日はもともと10月10日でした

体育の日はもともと10月10日でした

10月の第2月曜日(2019年は10月14日)は「体育の日」ですが、そもそもどんな日なのでしょう。晴れの特異日というのは本当?日本初の運動会は? スポーツの秋にぴったりな「体育の日」についてご紹介します。
 

「体育の日」の由来

「体育の日」は、1964年(昭和39年)に日本で初めて開催された東京五輪を記念し、1966年(昭和41年)に「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう日」として制定された国民の祝日です。もともとは10月10日で、東京五輪の開会式が行われた日でした。

2000年(平成12年)から「ハッピーマンデー制度」が適用され、10月の第2月曜日になりました。
 

10月10日は晴れの特異日なの?

東京五輪の開会日が10月10日になったのは、「晴れの特異日」だったからという説がありますが、本当でしょうか?

特異日とは、ある気象状態が高い確率で現れる特定の日のことをいいます。東京五輪開催が決定した1959年(昭和34年)発行の「気象学ハンドブック」では、10月14日と11月3日が晴れの特異日にあげられていましたが、10月10日はあげられていませんでした。しかし、天候に考慮したのは事実で、気象庁の統計や専門家の意見などから、東京から台風や秋雨前線が過ぎるころで、晴れる確率がとても高く、土曜日にあたる10月10日が選ばれたといわれています。

実際にどうなったかというと、台風の影響で開会式前日まではぐずついた天気となりましたが、当日は一転して快晴となりました。NHKのテレビ中継を担当した北出清五郎アナウンサーの「世界中の青空を全部東京に持ってきてしまったような、素晴らしい秋日和でございます」 は、名言として語り継がれています。

次は、運動会の始まりについてです >>>