練習すれば、誰でも足は速くなる!

運動だって家庭教師の時代!(写真は「スポーティーワン」の教室です)
運動だって家庭教師の時代!(写真は「スポーティーワン教育プラス」の教室です)
いよいよ今年も秋の運動会シーズンがやって来ました。運動会の花形種目といえば、なんといっても徒競走やリレーといった「走る」種目です。「うちの子はスポーツ得意だから」と安心しているパパやママはいませんか? 

実は子ども心って、それほど単純ではありませんよ!足の速さだけには絶対の自信を持っていたのに、足の速さは学年で4番。学年4番ですもの、他の子に比べれば十分足が速いのに、4人1組でタイム順に組み分けするから、1番になれないどころかビリばかりで運動会なんか大嫌い!と思っていたり、リレーの時にクラス全員から「お前の足の速さなら、どんなに距離が開いていても抜ける!」と、ムチャな期待をかけられてプレッシャーに苦しんでいたり… 

足の速い子は速い子なりに、結構苦しんでいるものなのです。足が速い子だってこれほど悩んでいるんですもの、足が遅い子ともなれば、もうその悩みは深刻。運動会が憂鬱だった私が、子どもたちに同じ思いはさせない!と、毎年、「足が速くなる方法」をご紹介してきましたが、今年は「スポーツ家庭教師」の方に、自宅でできる練習方法を伺ってきました!

「万年最下位」の意外な理由とは?

今回お話をお伺いしたのは、マンツーマンで運動のレッスンをしてくれる、体育の家庭教師の派遣のほか、少人数制で運動全般からかけっこ、器械運動、なわとびやストレッチなどの個別種目までのレッスン教室を開催しているスポーティーワンのインストラクター・野村さん。

「実は、一般的に『足が遅い』と言われているお子さんの中には、実は足が遅いわけではなく、100メートルを走りきる体力がないだけというお子さんもいるんですよ」という、話しにまずビックリ!つまり、体力のない子は、後半、バテてしまって遅くなってしまうだけで、走力が劣るわけではないというのです。

「速く走るための4つのキーワードは、スタート・腕ふり・もも上げ・最後まで走りきれる体力です」と野村さんは指摘します。「よく、運動神経がいい、悪いという言い方をしますが、今、学校の体育が苦手で、『自分は運動神経がにぶい』と思い込んでいる子どもたちの多くは、単に経験が少ないだけという場合が少なくありません。幼児期に、外遊びが不足していたり、思いっきり身体を動かして遊ぶ経験が少ないと、どうしても経験不足で、運動がうまくこなせなくなってしまうんです。だから幼児期は「運動」を強制するのではなく、ジャングルジムや木登りといったことを、遊びの中に上手に取り入れていけば、自然と身体を動かす経験がつき、さらに体力向上にもつながります」。

親が子どもに上手に練習させるには?

運動会のその日まで、毎日パパやママが子どもにつきっきりで家でかけっこの特訓!というご家庭もあるかと思いますが、そのときに注意して欲しい点があると、野村さんは言います。

「これは運動に限らないのかもしれませんが、特に運動に関しては、できないことを叱ってはいけません。かけっこの練習を始めてから理想の形になるまでは、どうしても時間がかかります。でもその過程で決して『どうしてこんなこともできないの!』と叱らないで欲しいんです。昨日より、少しでもできるようになった点があるなら、そのことをきっちり褒めてあげて下さい。そうすれば子どもは苦手意識を払拭できますし、やる気もおこります。また、運動が苦手な子どもは、『またビリになったらどうしよう…』などと、ネガティブ思考に陥りがち。でも、自信を持って走るだけでも、実はタイムは確実に向上します。そのために有効なのがイメージトレーニングです。夜、ベッドに入ったら、目をとじて、自分が一番でゴールテープを切る姿を思い浮かべるのです。これを子どもに運動会のその日まで実践させるだけでも効果があります」。

>>次ページでは、いよいよ家庭でできる練習法を徹底紹介!>>