七五三の由来

三歳、五歳、七歳と成長の筋目に近くの氏神様に参拝して無事成長したことを感謝し、これからの将来の幸福と長寿をお祈りするのが七五三の行事。もともとは宮中や公家の行事でしたが一般的に広く行われるようになりました。

乳幼児の死亡率が高かった昔は七歳までの子供は神の子とされ七歳になって初めて社会の一員として認められたそうです。七五三の行事は三歳の男女ともに「髪置き:髪をのばしはじめる」、五歳男子「袴着(はかまぎ):はじめてはかまをつける」七歳女子「帯解き:帯をつかいはじめる」のお祝いで、明治時代になって現代の七五三として定着しました。

何歳で七五三?

かつては数え年の男子は三歳と五歳、女子は三歳と七歳で祝いましたが、現在では満年齢で男子が五歳(地方によって三歳も)、女子が三歳、七歳でお祝いする事が一般的になっています。年齢にこだわらず、兄弟で一回で済ますこともかまいません。

どこの神社で?

基本的には近くの氏神様ですが、どうしても希望の神社でという場合でもかまいません。子供のことを考えると体力的にも無理がない範囲が無難。小さい子供は慣れない着物など、かなり負担になります。また、明るいうちにお参りしましょう。

11月15日にこだわらなくてもよい?

11月15日に七五三を祝うようになったのかは、この日が「鬼宿日(きじゅくにち)」鬼が自宅にいる日で最良の日とされる、また霜月祭りの日などいろいろ説があるようです。現在ではこの日にあまりこだわらず、11月15日の前後の祝日など都合の良い日に行われています。

お祓い合をしてもらうときは?

この時期は大変込み合うことが多いので、事前に連絡しておきましょう。その時に神社への謝礼の金額を確認しておきます。神社によっては規定料金を設定している場合もあります。

だいたい五千円から一万円ぐらいの範囲です。この時の祝儀袋の様式は、結びは蝶結び、水引は紅白、表書きは「御初穂料」「御玉串料」。また、白封筒でもかまいません。名前は子供の名前で年齢を書きます。

当日は子供が優先

当日は、写真館で記念写真やパーティなど行うことも多いでしょう。また、お参りが済んでから、親戚や近所にあいさつまわりも考えているでしょう。しかし、これは親の都合で考えていること。あくまでも子供が主役ということを忘れないでください。

慣れない着物で連れ回したりすることが、体力のない子供に負担になることはあきらかです。あまり無理のないように。また、会食を行う時も子供が大好きなメニューを出してあげましょう。

記念写真や美容院は予約を

写真館での記念写真はできれば、お参りする前が無難です。また、日にちを変えるなどして負担を軽減する方法もあります。小さい子供は、着物など着せていると、すぐに着物を脱ぎたがるので、良い写真を撮る場合は、まだ負担のないお参りの前か、日程を変えるなどされるとよいでしょう。

また、最近では写真館やデパートなどでも衣装のレンタルから着付けお化粧、写真撮影まで行ってくれるところもあるようなので、別の日にそこで撮影まで行うという手もあります。

お参りの仕方

基本的には、一般の神社でのお参りと同じです。神社の入口にある「手水舎(てみずや)」で手を清め、口をすすいでから社殿に進み、おさい銭をあげます。次に鈴を鳴らします(静かにならしましょう)次に2回礼をし2回手を打ち、ここでお願いごとなど(手をあわせて祈願)そして1回礼をします。「二礼、二拍手、一礼」と覚えましょう。

千歳飴:飴をひっぱると伸びることから寿命が延びると考えられる縁起物。

>>当日気をつけたいこと、贈答用式