七五三の前撮りをするなら早めがお得!

七五三の前撮りをするなら早めがお得!

二十四節気での暦の上では、「白露(はくろ)」と呼ばれているの季節(毎年9月8日頃)となりました。大気が冷えて来て、露が出来始めるそうです。

え~まだ早い?!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、今から準備しておきたい七五三の情報をお届けします。かわいいわが子のために今から準備万端で臨んで下さいね。

前撮りするとどんなメリットがある?

最近の七五三の事情も昔と違って大忙しです。着物もドレスも着せたい、写真撮影、そして神社への参拝、家族の食事会と盛りだくさんのスケジュール。当日は余裕を持ってのぞみたいのが理想です。そのためにはまず前撮りするのがオススメ。
  • 子供服・ベビー服ガイドさんが徹底取材されました。参考になりますよ。
    七五三の写真撮影は、早めが絶対オススメ!
  • ガイドおすすめサイト
    晴れ着の丸昌

    参拝当日は軽装で出かけられ、特に3歳で七五三をされるお子さんにとっては楽チン。その後は気楽に食事会も出かけられます。しかしいくら前撮りと言えども、当日もやはり神社でのスナップ写真は撮りたいもの。七五三当日は気楽な服装でもOKですが、やはり大切なセレモニーの日。少しおめかしさせてあげるのをお忘れなく。

準備万端でのぞむには

最近は上手にインターネットで探すパパやママが多いようですね。写真専門店を検索してみると、お店のお得情報がたくさん調べられます。早撮り特典として、数多いプレゼント。また早めに予約すると着物のレンタルも割引され、お得情報が満載。

<point1>レンタルの場合は早めに下見・予約をしておくこと。
<point2>女の子の場合は長い夏休みで、日焼けして真っ黒になっているかもしれません。メイクでカバーすることも考えておくこと。
<point3>撮影する日は、子どもの体調が一番ベストの日を選ぶこと。


前撮りだけでなく、当日も欲張り撮影したい

9月中に写真館で1回目の写真撮影。予算と時間の余裕がある方は、十二単などいかがでしょうか。またドレス姿もステキです。キャラクーものも楽しんでみては?そして11月本番にはもう一度着付けして写真撮影。

洋装から和装へ、または1回目に和装、そして次に洋装とパターンはいろいろ考えられます。衣装や写真館を早めに押さえて予約しておくことです。

次のページは今から知っておきたい七五三についてのよくある質問