イメージ

バスボム

たまの休日、二人で手作りを楽しんでみてはいかがでしょう。今回は、バスタイムを楽しむバスボムのレシピをご紹介します。

基本のバスボムは、手でおにぎりを握るようにして形を作ります。二人で作ったバスボムを飾ってみるのも幸せ気分が味わえますし、お互いに好きな材料を選んで作ってみるのも楽しいですよ。

オススメの精油

精油

精油

暖かみのある香り: ベルガモット(1滴)、シダーウッド(1滴) 
明るく楽しい香り: オレンジ(1滴)、グレープフルーツ(1滴)
女性らしい香り: ローズマリー(1滴)、ゼラニウム(1滴) 

 

バスボムの材料

【A:ベース1回分】
重曹 45g、クエン酸 20g、コーンスターチ 10g
【B】
精製水 50ml、アルコール 小さじ1/2、グリセリン 小さじ1

バスボムの作り方

Aの材料をボールに入れる

Aの材料をボールに入れます

1. Aの材料を全てボウルに入れ混ぜ合わせます。

※気軽に作りたい方は、ボウルではなくビニール袋に材料を入れると、そのまま成形できますよ。


 
精油を加える

精油を加えます

2. 香りを加える場合は、ここで好みの精油を2滴加えます。

 
Bの材料を混ぜ、スプレーを作る

Bの材料を混ぜ、スプレーを作ります

3. スプレーボトルにBの材料を入れ、スプレーを作ります。これを、 1のボールに、吹きかけ全体を湿らせます(少量ずつ吹きかけましょう)。

 
丸める

丸めると完成

4. お握りのように手で丸めるとシンプルなバスボムの出来上がりです。

 

バスボムのアレンジ

天然塩を加えて

天然塩を加えて

ミネラルたっぷり代謝促進バスソルト
作り方3の後で、お好みの岩塩を大さじ1杯加えて混ぜます。薄ピンク色のヒマラヤンロックを加えるとキュートなバスソルトが出来上がります。

 
ハーブを加えて

ドライハーブを加えて

華やかにドライハーブを加える
作り方3の後で、お好みのドライハーブを小さじ1杯程度加えて混ぜます。ピンクローズ(ドライハーブ)にローズの精油を加えたゴージャスなバスボムはいかがですか? 一緒に薔薇の花びらを浮かべてみても素敵ですね。

ドライハーブは、ハーブ専門店やアロマテラピーのショップで購入することが出来ます。

 

色を付けてカラフルに

色を付けてカラフルに

カラフルなバスボム
色付けには、お肌のパック剤としてよく使用されるクレイを使用します。クレイには色々な色がありますので、好みのクレイを加えて色を付けてみましょう。

クレイは、作り方1で加え、よく混ぜ合わせるのがポイントです。

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。