夏は素足でサンダルやミュールを履くといった場面が多いもの! そんな場面で、むくみや乾燥といったトラブルが目立っていては残念。手入れの行き届いた足は女性の「美」の象徴ともいえるでしょう。

そこで今回は、夏に美しい足をキープできるフットケア法の数々をご紹介していきたいと思います。

夏こそ冷え&むくみ対策

冷房による冷えはむくみを誘発!

冷房による冷えはむくみを誘発!

どこに行っても冷房が効いている最近の夏は足の冷えを招きがち。冷えは血行&血流が悪くなることで「むくみ」に繋がってしまい、足を太く見せてしまうので要注意です!

□ふくらはぎを動かす

冷房で冷えた足を温めるために、ふくらはぎの筋肉を積極的に動かすことをオススメします。

足には、心臓の働きを助ける第二のポンプという役目があります。この働きをしっかり機能させると「むくみ」が改善できるのです。そこで、足首をグルグル回したり、つま先立ちで歩く、ふくらはぎのストレッチをコマメに実践していきましょう。

□ 夏こそ入浴

暑い夏はついついシャワーだけで済ませてしまいがちですが、汗や汚れを落とせてもシャワーだけではカラダを温めることは出来ません。少しぬるめのお湯(38度前後)に長めに入りリラックスする習慣を持ちましょう。

また、入浴時にふくらはぎを中心に30秒づつ冷たい水をかけたり温かいお湯をかけたりを3回ほど繰り返したり、入浴後にはボディオイルやジェルなどで足裏を刺激し足先から心臓の方へ血液を戻すイメージでマッサージをするのも◎です。

□ レッグウォーマーや靴下を活用

冷房の効いた部屋でじっとしていると、足元が冷えきってしまいます。

レッグウォーマーなら、足首からふくらはぎを冷えからしっかり守ってくれるのでオススメです。また、着圧ソックスなどを活用するのも良いでしょう。このとき、夏場は通気性にすぐれたものを選ぶと良いです。

□ フットバス

深い洗面器やバケツに熱めのお湯を入れて行う足湯も冷え解消に役立ちます。最近では、フットバス専用のアイテムがあるので、そういったものを活用すると手軽に楽しみながら足湯が楽しめるでしょう。