手早く簡単、野菜たっぷりライスサラダ弁当

所要時間:15分

カテゴリー:サブのおかずサラダ

 

手早く簡単、野菜たっぷりライスサラダ弁当

残り物のご飯が大活躍する、カラフルな夏野菜たっぷりのライスサラダ。基本は野菜を切るだけで、火を使うのはお湯をわかすのみ。忙しい朝もあっという間にできます。マスタードを効かせたさっぱりレモンドレッシングなら、食欲の落ちる暑い日も美味しく食べられます。

ライスサラダ弁当の材料(2人分

ライスサラダ弁当
ご飯 茶碗2杯(冷めたもの)
ミニトマト 5個
サラミ 4枚(薄切り)
オリーブ 2~3粒(今回は緑色のものを使用)
きゅうり 1/2本
紫たまねぎ 1/2個
パプリカ (赤・黄)各1/2個
ディジョンマスタード 大さじ1
ワインビネガー 50ml
レモン汁 1/2個分
オリーブオイル 大さじ1
小さじ1/3
砂糖 2つまみ
ご飯は、冷たくなった残りご飯を使用しています。マスタードは粒の入っていない、なめらかなタイプのディジョンマスタードを使用しています。

ライスサラダ弁当の作り方・手順

ライスサラダ弁当

1:野菜を切る

野菜を切る
 ミニトマトは4等分に切ります。きゅうりとサラミはみじん切りに、オリーブは輪切りにします。

2:野菜を切る

野菜を切る
紫たまねぎとパプリカはみじん切りにし、塩(分量外:1つまみ程度)をまぶしておきます。 塩をまぶして後で湯をかけることで、玉ねぎの辛みを抑えます。

3:ドレッシングを作る

ディジョンマスタード、ワインビネガー、オリーブ油、レモン汁、塩、砂糖をすべて合わせてよく混ぜてドレッシングを作ります。

4:ご飯と塩をふった野菜を湯通しする

ご飯と塩をふった野菜を湯通しする
ざるに冷えたご飯と塩をまぶしておいた2の野菜を入れます。湯を沸かして(500ml程度)、全体にざっと回しかけます。全体を軽く混ぜ、よく水気を切ります。 水気はしっかりと切ること。水気が多いままだと、味もなじまず口当たりも悪くなります。

5:ドレッシングとすべての材料を和える

ドレッシングとすべての材料を和える
まだ温かさが残っている間に、よく水気を切った4にドレッシングを加えて手早く混ぜます。全体が混ざったら、切っておいた1の材料もすべて加えて手早く混ぜて完成です。 温かさが残っている間にドレッシングと混ぜると味がしみやすくなります。

ガイドのワンポイントアドバイス

作り置きができるので、前日の夜に作って冷やしておくのもおすすめ。味がよくなじみます。お好みでバジルやミントなどのフレッシュなハーブを混ぜると、さらに爽やかな美味しさが楽しめます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。