お部屋が最高のヨガスタジオに?! 
「おこもりヨガ」で綺麗をキープしましょう

梅雨時は、「おこもりヨガ」で心も体も磨き直そう!

梅雨時は、「おこもりヨガ」で心も体も磨き直そう!

今年の梅雨入りはいつなの?ハッキリしない天気に影響されるかのように、繊細な女子の気持ちも揺れ動く毎日。そう、天気は私たちの心にとっても大きな影響を与えています。例えば、雨が降ると→おしゃれしても足元が汚れる、髪型が決まらない→出かけるのが億劫というネガティブサイクルに陥ると、軽い引きこもり状態になり兼ねません。更に、夏までに綺麗なボディラインを作る!と決めたはずなのに……引きこもっている自分がいや!とネガティブサイクルに拍車を掛けそう。とは言え、雨の中をわざわざ濡れてまでスタジオに出かけるのも疲れるだけ。そんな時は、きっぱり「おこもり宣言!」してしまいましょう。

ただ、ダラダラと怠惰に過ごすのではなく、こっそり&ちゃっかりマインドで綺麗な体、いやそれ以上に夏に魅せる体を作りましょう。今回ご紹介するポーズは、下半身を力強く、そしてしなやかに引き締めるポーズと、天候に影響を受けてしまった繊細な心を回復させるポーズのご紹介です。

 

ウッティタ・ハスタ・パーダーングシュターサナ

「ウッティタ」とは、「伸びた」、「ハスタ」は「手」、「パーダーングシュタ」は「足の親指」を意味します。片脚でバランスを取りながら、柔軟性も必要な難易度の高いアーサナですが、今回は初級者用、中級者用をご紹介しますので、自分に合ったポーズを取るようにしましょう。無理にポーズを取ると、骨盤や股関節、腰を痛める可能性があるので、基本をしっかり押さえてからトライするようにして下さいね。

■効果
内臓の不調、冷え性、集中力アップ、脚、ヒップの引き締め、脚の裏側のストレッチやバランス感覚の向上が期待出来ます。

■注意する点
足首か腰に故障がある場合は、無理をしないようにしましょう。

初心者向け、ウッティタ・ハスタ・パーダーングシュターサナ

動作1

動作1

1.足を腰幅位に開き、足裏全体を床につけたら、一度足指を全部床から離し、親指の付け根、そこから伸びた踵、小指の付け根、そこから伸びた踵で床を掴むようなイメージで土台を安定させましょう。


 
動作2

動作2

2.右膝を曲げ、膝を優しく掴みます。この時、お尻が後ろに落ちないように、お腹を腰に引き寄せ、腰が丸まらないように注意しましょう。


 
動作3

動作3

3.更に左手を腰に置き、膝をゆっくりと開きバランスをキープしましょう。この時も、腰が丸まらないように、尾てい骨を床に向けるイメージで骨盤を正面に向けるように意識しましょう。そのまま2.3呼吸繰り返し、バランスをキープしましょう。


 
動作4

動作4

4. 更に顔を左側に向け、そのまま2.3呼吸繰り返しバランスをキープしましょう。ゆっくりと元の位置に戻り、反対側も同様に動作しましょう。

 

次は中級編です。