PR
ウイスキー&バー/ウイスキーが「分かる」人の飲み方

21世紀は自家製フルーツブランデーの時代

自家製フルーツブランデーが話題になっている。ブランデーにお好みのフルーツを1日漬けるだけで、フルーティーで優しい味わいに出会える。しかも料理やスイーツにも活用でき、ファンが急増中だ。

協力:サントリー
達磨 信

執筆者:達磨 信

ウイスキー&バーガイド

PR

この夏はフルーツブランデーを試そう

サントリーブランデーV.O

サントリーブランデーV.O

これから夏のフルーツが続々と実りを迎えてくる。わたしは桃がいちばん楽しみだな、とそんな好みの話をしたい訳ではない。
今回はウイスキーでもなく、カクテルでもなく、ブランデー。それも自分好みの味を愉しもうというもの。最近、ブランデーに1日漬けるだけで美味しく味わえる「自家製フルーツブランデー」というのが話題になっている。
日本では昔から家庭で梅酒をつくったりするが、これは砂糖なんか使わず、ワインを蒸溜して生まれるフルーティーなブランデーとフルーツの天然の甘みが溶け合った風味で魅了する。
わたしが語るよりも「自家製フルーツブランデーはじめましょう」のページをお読みいただいたほうがずっとよい。ただ、それでは手抜きなので、一応簡単に説明しておく。

24時間漬け込むだけで出来上がり

とにかく簡単

とにかく簡単

用意するものはまずブランデー。995円(税別)と、とってもリーズナブルな価格のサントリーブランデーV.O(640ml・37%)がおすすめ。マスカット原酒のフルーティーで華やかな香りを特長としていて、フルーツの味と香りを見事に引き出してもくれる。
次にお好きなフルーツ。そして漬け込み瓶。パッキンのついたガラス製の密閉容器(500ml)を使用すること。

たとえばオレンジを漬け込む場合の基本レシピはこうだ。
サントリーブランデーV.O 1/2本、オレンジ 1/2個。
24時間漬け込めばOK

24時間漬け込めばOK

ゴシゴシよく洗ったオレンジの皮をむく。皮の白い部分は苦味が出るので取り除く。果肉は3、4枚にスライス。次に漬け込み瓶に果肉と皮を入れて、ボトル半分の量のブランデーを注ぐ。最後に蓋をしっかりと閉める。
これだけでよく、しかも1日、24時間漬け込むだけで美味しい自家製フルーツブランデーが出来上がる。長く漬けてもいいのだが、皮から苦味が溶出するので、皮は1週間ほどで取り除く。

次頁では、おすすめのフルーツやレシピ本、ブランデーを隠し味に使用する料理も紹介しよう。(次頁へつづく)

  • 1
  • 2
  • 次のページへ

あわせて読みたい

All About注目リンク

PR

ウイスキー&バー 人気記事ランキング

2024/03/02 更新
ランキング一覧
  1. 1ウイスキー・ソーダとハイボールの違い
  2. 2山崎蒸溜所100周年10/1937―1950までのサントリーウイスキー
  3. 3角瓶とともにおすすめの美味しいウイスキー
  4. 4ウイスキー「碧Ao」&「知多」ハーフボトル発売
  5. 5山崎蒸溜所100周年9/1929―1937までのサントリーウイスキー
協力:サントリー

カテゴリー一覧

All Aboutサービス・メディア

All About公式SNS
日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
公式SNS一覧
© All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます