今回は、bon (ボン)とbien (ビヤン)の2つの言葉をご紹介します。

簡単ですが、いずれも奥が深い単語です。
ここでご紹介するのは、旅の途中で使うことのできる決まった言い方です。

Bon

・テーブルで使うbon
イメージ画像

「おいしいですか?」は、C'est bon?


Bonは、テーブルで使う言葉で、次の使い方を紹介しました。

・食事の初めに使う Bon appétit. (ボナベティ)
・おいしそう Ça a l'air bon. (サ ア レーる ボン)
・いいにおい Ça sent bon. (サ ソン ボン)

bonを使って、
C’est bon? (セ ボン) おいしいですか?
と聞くことができます。

・bonを使って表現できること
Ça sent bon. の「いいにおい」 は、花や香水、ワインなど香りの良いものに使うことができます。

Il fait bon. (イル フェ ボン) 気持ち良い
イメージ画像

暑くも寒くもなく気持ちの良い気候には、Il fait bon!


暑くも寒くもなく、心地よい陽気のときに使うことができます。

Ah, bon? (ア ボン) 本当に?そうなの?
会話の中で、驚いたり疑ったりするときに、「本当に?」「そうなの?」と聞き返すときに使えます。
ちょっと後ろ上がりに言ってみてください。

・願い、望みを表現するbon
相手に良いことや、楽しんでほしいなどの望みを伝えるときに、Bon ~. 「良い~を」と声をかけることがあります。

食事の初めに使う Bon appétit (ボナベティ)も、そのひとつですが、
他にも、
Bon voyage. (ボン ヴォワヤージュ) 良い旅を
Bon séjour. (ボン セジューる) 良いご滞在を
Bon anniversaire. (ボン アニヴェるセーる) お誕生日おめでとう
などがあります。

・一味違うbon
ちょっと変わった使い方では、bon には、クーポン、引換券という意味があります。

旅行中、
Bon d’achat(ボン ダシャ) 買い物券
という言葉を目にするかもしれません。

これで、お買い物が楽しめるというものです。「何々を買ったら、いくら割引」「いくつ買ったら、1つ無料」など、条件があることも多々あるので、よく確認してから使ってください。

・話題を変えるbon
話題を変えるときや、結論を示すときに、bonを使うことがあります。

話の冒頭や会話の初めに
Bon(ボン) それでは、それなら
と始める人が多いのに気がつかれると思います。