茹で鶏スープで。レタスとミニトマトの即席スープ

所要時間:5分

カテゴリー:汁物・スープ・鍋スープ

 

鶏胸肉を茹でたスープを使って作る、注ぐだけスープ

ぷりぷり鶏胸肉のサラダ』で鶏胸肉を茹でたお湯は、鶏の旨みが出ているので、そのまま捨ててしまうのはモッタイナイ。残ったスープを使えば、もう一品が簡単に作れます。

残ったスープに具材を入れて煮込んでもいいですが、今回はスピードを重視して、しっかり火を通す必要のないミニトマトやレタスを使います。器に材料を入れたら、沸騰させたスープを注ぐだけの即席スタイルで紹介します。

このレシピを含めた一汁三菜の献立は、『ぷりぷり茹で鶏のサラダ定食(朝5分+夕15分)』にまとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。


レタスとミニトマトの即席スープの材料(2人分

レタスとミニトマトの即席スープの材料
ミニトマト 4個
レタス 1枚
鶏ガラスープの素 小さじ2
少々
こしょう 少々
スープストック (鶏胸肉を茹でたもの)400ml
スープストックとは『ぷりぷり鶏胸肉のサラダ』で鶏胸肉を茹でたお湯のことです。また、それぞれ半量を容器に入れてください。

レタスとミニトマトの即席スープの作り方・手順

レタスとミニトマトの即席スープの作り方

1:材料を切る

材料を切る
ミニトマトを1/4に切り、レタスを食べやすい大きさにちぎります。

2:スープを注ぐ

スープを注ぐ
ミニトマトとレタス、鶏がらスープの素、塩こしょうを容器に入れ、沸騰させたスープを加えたら、できあがり。 上記材料は二人分です。ひとつの器には半量ずつ入れてください。

ガイドのワンポイントアドバイス

お好みの具材、だしの素(和風・洋風など)でアレンジ可能。しっかり火を通す必要のある具材を使う場合は、スープに入れてよく煮込んでください。なお、調理時間は茹で鶏を作る時間は含みません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。