「母子カプセル」とは……距離感が近すぎる母子の問題点

仲のよい母娘

愛情深い母親に親思いの子供は、理想的な親子に見えるかもしれません。しかし関係が親密すぎて共依存状態になっている場合は注意が必要です


子育て熱心なお母さん、親思いの子どもは、周りから見れば「理想的な親子」に見えるかもしれません。しかし、そうした親子の中には、関係があまりにも親密すぎて共依存的な状態になっており、お互いの精神的な成長や安定にひずみを作ってしまっていることがあります。

このように母子の距離感が近すぎて、2人だけの世界に安住している状態を「母子カプセル」と言います。

子どもは、幼い頃には母親との密着した関係を支えにしながら、少しずつ周りの世界を覚え、社会との関わりを広げていきます。そして幼稚園や小学校に入ると、同世代の子ども同士で学び合い、先生という親とは別の指導者にも導かれながら「お母さんに頼らなくても、社会の中でなんとかやっていける」と自信をつけていきます。

つまり、お母さんに見守られつつも、一歩一歩、その関係から卒業していくのが、子どもの成長です。ところが、お母さんが子どもを母子カプセルに抱え込み、健やかな成長を阻害しているケースも少なくありません。
 

子離れできない……子に依存する母親の気持ち

capsule2

母子がカプセル化する背景にあるものは?

母子カプセルに留まるケースには、母親の心が満たされず、不安定である例が多く見られます。その理由はさまざまですが、なかでも多いのが、夫婦関係の亀裂です。

夫婦関係が円満なら、母親が子どもにばかり気を向けることもなくなり、子どもはプレッシャーを感じずにのびのびと成長することができます。ところが、夫から愛されている実感がなく、さらに夫が家庭から逃げ腰になっていると、妻はその寂しさを満たすために子どもとの関係に熱心になり、母子カプセルを作りやすくなってしまいます。

また、母親が精神的に不安定な状態でも、母子関係の共依存は生まれやすくなります。たとえば子どもの頃から愛情に飢えており、「誰かに心から愛されたい、必要とされたい」という愛情欲求が非常に強い人の中には、全身でお母さんを求める幼い子どもに感応し、母子関係に依存的になっていく例も見られます。
 

親に反抗する思春期は自立のチャンス

capsule3

思春期に子どもの態度が変わるのは自立欲求の表れ

とはいえ、母子関係がカプセル化していても、子どもが小学生くらいまでの間は、あまり大きな問題にならないことが多いものです。なぜなら、小学生の子どもは「勤勉性」という発達課題に挑戦する年代でもあり、親や先生が認めるような「いい子」になろうと頑張る時期だからです。

ところが思春期になって、発達課題が「自我同一性」に変わると、状況は一変します。親の言う「いい子」を目指すことから、「自分らしく生きること」に興味が移ってくるため、親に反抗したり、親の言うことを無視したりするようになります。こうして、親に冷たくなるのは、それまでの親との関係に区切りをつけ、「自分の力で生きたい」という強い気持ちが芽生えるからなのです。

このような思春期の子どもの親への抵抗は、母子カプセルを外す大きなチャンスです。親は、子どもの態度を否定せず、その根っこにある「自立欲求」をしっかり受け止めてください。親の価値観によって一方的に答えを出さず、子ども自身の選択と自立を信じて見守っていくことが大切になります。
 

母親が「母子カプセル」を卒業するために

capsule4

お母さんも「自分のため」の楽しみの時間をつくっていこう

とはいえ、できれば、母親側がもっと早い時点で、カプセル化している母子関係に気づくことが大切です。

それには、自分がなぜ子どもに依存してしまっているのか、という行動の背景に気づくことが必要になります。そこには、先ほど挙げたような夫婦関係の問題や愛情欲求があるかもしれません。母親自身の自立性の低さが関係しているかもしれません。

そうした自分自身に気づき、向きあうためには、カウンセリンググループミーティングが有効です。手掛かりを探している人には、地域の広報誌などに親子問題、家庭問題などの研修会、サロンなどの案内がありますので、そうした場を通じて相談できる場所を訪ねていくといいでしょう。私も自治体のイベントで何度か母子問題について研修をし、相談機関への橋渡しを行った経験があります。

また、母親自身が、家庭の外に「自分の世界」をつくっていく必要があります。子どもが小さいうちは、習い事にお金を出すのも、休日の時間を使うのも、すべて「子どものため」で、「自分の趣味や気晴らしは後回し」と考える方も少なくないかもしれません。しかし、母親が自分の世界を持ち、いきいきと楽しんでいた方が、家族とのほどよい距離感が生まれ、家族も安心できるものです。

その気になって求めれば、自分の世界は必ず広がります。まずは、「ちょっと気になること」でいいので、やってみたいことをやり、行ってみたい場所を訪れてみましょう。そうしたきっかけから、自分の世界は広がっていくものです。自分の世界が広がれば、その世界を共有する友だちを求めるようになります。すると、自然に親子2人だけの「母子カプセル」から、卒業できるようになるでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項