「母子カプセル」にはまっていませんか?

capsule1

子どもかわいさから、2人だけの「母子カプセル」にはまってしまうことも……

子育て熱心なお母さん、親思いの子どもは、周りから見れば「理想的な親子」に見えるかもしれません。しかし、そうした親子の中には、関係があまりにも親密すぎて、お互いの精神的な成長や安定にひずみをつくっていることがあります。

このように、母子の距離感が近すぎて、2人だけの世界に安住している状態を「母子カプセル」と言います。

子どもは、幼い頃にはお母さんとの密着した関係を支えにしながら、少しずつ周りの世界を覚え、社会との関わりを広げていきます。そして幼稚園、小学校に入ると、同世代の子ども同士で学び合い、先生という指導者に導かれながら「お母さんに頼らなくても、社会の中でなんとかやっていける」と自信をつけていきます。

つまり、お母さんに見守られつつも、一歩一歩、その関係から卒業していくのが、子どもの成長です。ところが、お母さんが子どもを母子カプセルに抱え込み、健やかな成長を阻害しているケースも少なくないのです。

子どもに依存するお母さんの気持ちは?

capsule2

母子がカプセル化する背景にあるものは?

母子カプセルに留まるケースには、お母さん自身の心が満たされず、不安定である例がたくさんあります。その理由はさまざまですが、なかでも多いのが、夫婦関係の亀裂です。

夫婦関係が円満なら、お母さんが子どもにばかり気を向けることもなくなり、子どもはプレッシャーを感じずに、のびのびと成長することができます。ところが、夫から愛されている実感がなく、さらに夫が家庭から逃げ腰になっていると、妻はその寂しさを満たすために、子どもとの関係に熱心になり、母子カプセルをつくりやすくなってしまいます。

また、お母さんが精神的に安定していないケースでも、母子関係の依存は生まれやすくなります。たとえば、子どもの頃から愛情に飢えており、「誰かに心から愛されたい、必要とされたい」という愛情欲求が非常に強い人のなかには、全身でお母さんを求める幼い子どもに感応し、母子関係に依存的になっていく例も見られます。