頬のたるみをなくしていつまでもきれいな顔に

頬のたるみをなくしていつまでもきれいな顔に

誰でも簡単!垂れた頬を引き締める方法

鏡を見て、「私、疲れてる……」と感じたときは、目の下のクマ、頬のたるみといった症状が出ていることが多いと思います。今回は、頬が下がる原因と、誰でも簡単にできる頬のリフトアップ方法など、日々の生活の中での解消方法などをご紹介していきます。
   

頬が垂れる原因とは?

表情筋の衰え
年齢を重ねるごとに筋肉の衰えが出てきます。表情筋も他の筋肉と同じく、鍛えなければ衰えて同じ位置をキープすることが難しくなります。

肌の水分保持能力の低下
肌の水分保持は、細胞内にある物質(ヒアルロン酸、コラーゲン、プロテオグリカンなど)により保たれていますが、紫外線の影響や、年齢と共にそれらの物質が減少し、肌にハリが無くなってきます。

体重増加による顔への脂肪の蓄積
体重の増加により、顔へ脂肪が蓄積されていくことが多くなります。お腹や二の腕と同じく、顔に付いた脂肪もたるんでしまいます。

老廃物の蓄積
ストレスや加齢などにより、老廃物が蓄積されやすい状態だと、顔のむくみの原因になり、頬のたるみにつながります。
 

頬が垂れるとどうなる?

ブルドッグ顔になります!老け顔になります! 頬の筋肉は、目の筋肉と口の筋肉とつながっています。もちろん筋肉の上には皮膚があるため、筋肉と皮膚は連動して動き、筋肉が垂れ下がると、皮膚も垂れ下がります。
 

頬が垂れるとどんな顔になるの?

簡単に老け顔を作ってみましょう。自分の老け顔を知ることで、自分はこうなりたくない!と意識するようになっていきます。また、意識してケアすることで、より効果的に筋肉に働きかけることができます。

 
頬が垂れた状態。

頬がたるんでしまったた状態。

1.人差し指の腹を、頬の一番高い部分に置き軽く下に下げます。





 
 
頬がたるんだ状態が確認できます。この写真でもわかるように、頬の筋肉は様々な部分とつながっているので、たるむことで、目の皮膚の垂れ、口の周りのほうれい線が目立つようになってきます。頬をしっかりケアして、老け顔にならない様にしましょう。
 

筋肉の衰え解消!頬のリフトアップ術!

ここでは、筋肉の衰えを解消する、簡単に表情筋を鍛える方法をお伝えします。

頬の筋トレ1
頬の筋肉を引き上げる運動

 
手鏡でもOK

手鏡でもOK

1. 鏡の前に向かいます。







 
頬の引き上げ

頬の引き上げ

2.頬の筋肉をしっかり上に引き上げます。







 
下げます。

下げます。

3. 頬の筋肉を下げます。








4.この運動を10回×3セット行います。
※鏡を見ながら、顔の筋肉がしっかり動いていることを意識します。

頬の筋トレ2
頬の筋肉を鍛えるひょっとこ運動

 
口をすぼめます。

口をすぼめます。

1. 鏡の前に向かいます。







 
左右にシッカリ動かします。

左右にシッカリ動かします。

2. 口をすぼめて左右に強く動かします。10往復×3セット行います。






 
反対側もしっかりと。

反対側もしっかりと。










この時に、ほうれい線の部分をしっかり伸ばすことも意識すると、より効果的に運動が行えます。

※表情筋を鍛える場合は、1と2をセットで行ってください。筋肉は同じ運動だけでは、偏った付き方になりますので、バランスよく筋肉を鍛えるために、セットで運動を行いましょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。