目元が若返れば、顔全体が若顔に見える!

目の下のたるみは、加齢とともに目の下の筋肉がが衰えてしまうことが原因です。筋肉が衰えると、脂肪が溜まって皮膚が下がり、目の下にたるみができてしまいます。
鍛える筋肉を意識すると効果的

鍛える筋肉を意識すると効果的

でも大丈夫! 目の周りの筋肉はとても小さいので、意識的にエクササイズをすると効果が表れやすいパーツでもあります。目の下の筋肉を鍛えて、たるみを撃退しましょう。また、血行が良くなることで、気になるクマも併せて解消することができます。

今回鍛えるのはこの筋肉。眼筋や下眼瞼筋を鍛えて、たるみ知らずのぱっちりEYEをめざしましょう!


1:【顔ヨガ・ムンクの顔】顔をタテにのばす

ムンクの叫びをイメージして

ムンクの叫びをイメージして

顔がタテに伸びるように「オー」と言いながら、ほおと鼻の下を伸ばします。10秒間キープ。


2:下まぶたを上げてまぶしい顔ポーズ

目周りの筋肉に効いているのが分かるはず

目周りの筋肉に効いているのが分かるはず

ほおと鼻の下は伸ばしたまま、下まぶただけを持ち上げます。目の下の筋肉を使って、まぶしそうな顔になればOKです。


間違えやすいNG例

NGポーズにならないように注意

NGポーズにならないように注意

こちらは失敗例。口を横に開いてしまうのはNGです。ほうれい線がくっきりと出てしまっています。


顔ヨガ関連記事


参考書籍

顔ヨガ基本の8ポーズ、悩み別7ポーズ、スッキリする顔ツボに分け、分かりやすく解説しています。濡れてもOKな壁に貼れるお風呂ポスター付録付きです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。