酵素ドリンクを飲んでも、酵素は増えない?

イメージ

生食も加熱調理もバランスが大事

そもそも酵素とはタンパク質で、カラダに必要なものを消化や分解したり、いらないモノを外へ排出するときに不可欠なものです。体内で作られる酵素の量は限度があるというので、それを食べ物の酵素で補おうというのが「酵素ブーム」の発端ではないかと思われます。しかし食べ物の酵素が、はたして体内で作られている酵素の補填になるのでしょうか……?

答えは「いいえ」です。人と食べ物の酵素は別物ですし、通常食べ物の酵素は体内でアミノ酸に分解され、そのまま腸管を通るなんてことはありえません。この辺を詳しく知りたい方は、酵素ビジネスに関わりのない栄養学の専門家の話などを参考にするとよいでしょう。

カラダを冷す野菜たち

イメージ

予期せぬ偏食で体調を壊している人、意外と多いかも

薬膳ガイドの本題はここからです。食べ物に含まれている食物酵素は熱に弱く、できるだけ生の状態でとるといいというので、生の野菜をスムージーにするのが酵素ドリンクの基本ですよね。

実は、それらに使う野菜にはカラダを冷やすものが多いので、カラダの働きを活性化するばかりか、カラダの代謝機能が妨げられて返って風邪をひいたり、体調を悪くする人が少なくない、ということなのです。ここでいくつかカラダを冷す野菜とフルーツを挙げてみます。

■カラダを冷すフルーツ
柿、梨、スイカ、バナナ、パイナップル、キウイ、メロン、グレープフルーツ、パパイヤ、オレンジ、ビワなど

■カラダを冷す野菜
大根、冬瓜、苦瓜、キュウリ、トマト、ナス、ホウレンソウ、クレソン、ゴボウ、小松菜、セロリ、セリなど

いかがでしょう……? これらの素材でスムージーを作ることも多いのではないでしょうか。それにプラスして氷や冷たい牛乳などを入れて飲むなんてことをしたら、ますますお腹の中は冷えてしまいますよね。

薬膳では、カラダに及ぼす寒熱性だけで食材を選ぶわけではありませんが、偏ったものばかり摂取することはやはりカラダに負担がかかります。たまには温かい野菜スープにしたり、温性のしょうがやシソ、玉ねぎなどをうまく活用するなどして、健康的にダイエットをして欲しいとガイドは思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項