ポイントは「こわばり筋とビューティー筋」

横腹についた余分なお肉は、年齢で代謝が悪くなっている事がだけが理由ではありません。普段の生活で知らず知らずのうちにとっている姿勢のクセが原因で、溜まりやすい脂肪ゾーンを作ってしまっている事が考えられます。

身体には沢山の筋肉がありますが、全て連動しています。たとえば、立ったまま両腕を上にぐっと伸ばしてみてください。すると腕の筋肉だけではなく、お腹や背中や脚の筋肉が引き上げられるのがわかりますよね。一見関係のないと思える部位と部位が、深く関連し合っているとも言えます。身体の筋肉は連動し合いながら姿勢がスムーズにできるように働いているのです。なので、筋肉の一部がアンバランスに固くなったり緩んでしまったりしていると、そこが上手く機能しなくなり、脂肪ゾーンが出来るのです。私はこの上手く機能しなくなった筋肉の事を「こわばり筋」と呼んでいます。

こわばった筋肉をきちんと働かせるようにしてあげる為にはまず「伸ばす」(ストレッチ)を行うことが必要です。ストレッチの後は基礎代謝を上げたり、綺麗なたるみのない綺麗なボディーライン作りには欠かせない筋肉(この筋肉を「ビューティー筋」と呼びます)に刺激を与えてあげること。

これからご紹介するエクササイズは、こわばり筋をストレッチした後、ビューティー筋を刺激する、2ステップエクササイズです。 とても簡単ですので、ぜひ試してみて下さい。

次のページでこわばり筋をストレッチするエクササイズをご説明します!