横腹エクササイズ:気になるおなかの脂肪

気になるおなかの脂肪!


どんなに頑張っても横腹の余分なお肉が落ちない。年を追うごとに、なんだか横腹の余分なお肉が増えている気がする。そんな悩みを抱えている方は少なくないと思います。座るとズボンやスカートの上にのってしまう横腹の余分なお肉がつい気になって、服選びにも影響したりしていませんか?
   

横腹のエクササイズで部分痩せも無理じゃない!

体内に余分な脂肪がつくのは消費カロリーよりも摂取カロリーが多いから。これが太る根本原因だと言うことは皆さんもおわかりですよね。でも、なぜ特定の部位に特に脂肪がついてしまうのでしょう?

部位痩せは絶対ムリ、努力しても脂肪ゾーンができてしまうのは体質のせいだと思いがちですが、余分なお肉がついている部分は、筋肉そのものがスムーズに働かないから脂肪がたまりやすいのです。

鍛える部分の筋肉がスムーズに働かない状態では、いくら辛いトレーニングをしてもその効果が思ったように現れず、トレーニングの意味がほとんどなくなってしまいます。部位痩せの効果を上げるためには、まず溜まりやすい脂肪ゾーンの筋肉をきちんと働く状態にしてあげることが大切。働く状態にしてから鍛える、これが最も効果的な部位痩せエクササイズといえます。
 
 

ポイントは「こわばり筋とビューティー筋」

横腹についた余分なお肉は、年齢で代謝が悪くなっていることがだけが理由ではありません。普段の生活で知らず知らずのうちにとっている姿勢のクセが原因で、溜まりやすい脂肪ゾーンを作ってしまっていることが考えられます。

身体には沢山の筋肉がありますが、全て連動しています。たとえば、立ったまま両腕を上にぐっと伸ばしてみてください。すると腕の筋肉だけではなく、お腹や背中や脚の筋肉が引き上げられるのがわかりますよね。

一見関係がないと思える部位と部位が、深く関連し合っているともいえます。身体の筋肉は連動し合いながら姿勢をスムーズに保てるように働いているのです。なので、筋肉の一部がアンバランスに固くなったり緩んでしまったりしていると、そこが上手く機能しなくなり、脂肪ゾーンができるのです。私はこの上手く機能しなくなった筋肉のことを「こわばり筋」と呼んでいます。

こわばった筋肉をきちんと働かせるようにしてあげる為にはまず「伸ばす」(ストレッチ)を行うことが必要です。ストレッチの後は基礎代謝を上げたり、綺麗なたるみのない綺麗なボディーライン作りには欠かせない筋肉(この筋肉を「ビューティー筋」と呼びます)に刺激を与えてあげること。

これからご紹介するエクササイズは、こわばり筋をストレッチした後、ビューティー筋を刺激する、2ステップエクササイズです。 とても簡単ですので、ぜひ試してみてください。
 

脱・横腹の余分な2ステップ脂肪エクササイズ!

※この2ステップの効果をより感じられるよう、ステップ2だけを最初に試してみて。それから実際にステップ1→ステップ2の順番通りにエクササイズすると、ステップ2のみをやった時より、ステップ1→ステップ2をやった時の方がより横腹に効いているのを感じられるはずです。

<ステップ1>「こわばり筋」をストレッチ!
左右30秒ずつ 1セット
 
説明画像

こわばり筋ストレッチ1

1. 両手を真上に伸ばし肋骨と骨盤を引き離すようなイメージで引き上げます。
 
画像説明

こわばり筋ストレッチ2

2. 1の状態、身体を引き上げたままで身体を斜め上にストレッチします。
※ 右の体側を伸ばす時は左手で右手首を持ち、左の体側を伸ばすときは右手で左手首を持って伸ばします。
 
画像説明

NG

※ NG写真のように斜め前に体側を伸ばさないようにしてください。

<ステップ2>ビューティー筋を刺激!
左右5回ずつ 2セット
画像説明

ビューティー筋エクササイズ1

1. 右手を斜め上に伸ばし親指を下向きにし、左脚はつま先をまっすぐにして10センチほど床から浮かせます。
 
画像説明

ビューティー筋エクササイズ2

2. 右腕と左脚を写真のように引き寄せ身体をしっかりひねります。この時親指は下向きになるように、(1から2のプロセス中に手首を回転させ親指の向きを変えます。)左脚首をしっかり曲げます。1、2を繰り返します。反対側も同じように行います。



いかがでしたか? 簡単2ステップなので、毎日続けて横腹への効果を実感してくださいね。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。