「名前はたったひとつあればいい」

「パークハウス」ブランドブック『私の良さってなんだろう。』

「パークハウス」ブランドブック『私の良さってなんだろう。』

現在、マンションブランドで最も知名度の高さを誇るひとつが「プラウド」である。まだ10年程度の実績だが、安定した供給量や「競合他社とダブらないネーミングが奏功した」(野村不動産経営幹部、三井不動産レジデンシャルと三菱地所レジデンスはともに「パーク」が付く)。それまで野村不動産は「ヒルズ」や「ステイツ」、「グランベスタージュ」古くは「コープ野村」と様々な名称を用いていた。

「ブランズ」の東急不動産も「ブリリア」東京建物もかつては数種類の名前を使い分けていた。そんななか、分譲マンション第一号「赤坂パークハウス」(昭和45年)以来、一貫して「パークハウス」で通してきた会社が三菱地所である。

社内に、日本有数の規模を誇る設計事務所を抱える同社(*)の、品質に対する基準は(地域やグレードに違えず)すべてに貫かれたものである。「パークハウス」は、その焼印のような意味合いだったのではないか。明文化されたものはないが、独自の厳しい品質管理を知るに付け、そんな印象を受けた。*2002年、三菱地所設計として分社。

「ザ・パークハウス」最上級グレード

「ザ・パークハウス西麻布レジデンス」ペントハウス(モデルルーム)

「ザ・パークハウス西麻布レジデンス」ペントハウス(モデルルーム)

2011年に三菱地所レジデンスとして再スタートを切った、三菱地所グループのマンション事業は「ザ・パークハウス」と命名。新会社設立時には、ボリュームゾーン(3000~6000万円)に特化すると宣言したが、その後すぐに高額帯も取り込むと修正。

ザ・パークハウス第一弾群の「大崎」では、さっそく「高額に強い地所」のイメージを助長するものとなり、その後も「山王」や「代官山」といった都心城南の高級住宅街で順調に展開。「池田山」「番町」など、なかでも好立地なラインナップもそろえ、また「西麻布」では、三菱地所設計を登用し、秀逸なデザインの建物を建設(分譲)中である。しかし、いずれも最高ランクに達するものではなかった。

そして、この度2年の歳月を経て、第一号がいよいよ誕生するようだ。詳細は後日、乞うご期待。

【関連サイト】
2013年に買える、注目のマンションリスト

【フェイスブック】
高級マンション


Copyright(C)2006 MH3 Inc. All rights reserved.

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。