冬のバナナブレッド

所要時間:60分

カテゴリー:ケーキパウンドケーキ

 

ふんわりかおるバナナととろけるチョコ。バレンタインにもどうぞ

バナナの風味を生かしたバナナブレッドは、失敗が少なく、おいしく焼けて大人気です。オールシーズンおいしいけれど、シーズンごとのおいしさがあってもいいのではないか?ふとそう思い、今年は「四季のバナナブレッド」をつくってみようと思います。

まずは冬バージョン。こっくりとした甘みが恋しい季節だし、バレンタインもあるのでチョコレートと組み合わせました。表面にはカリッとして、ほろ苦いカカオニブを散らしました。もし、製菓材料店などで見つけたら、使ってみてください。

冬のバナナブレッドの材料(18×9センチのパウンド型1個分

冬のバナナブレッド
薄力粉 100g
ココアパウダー 20g
ベーキングパウダー 2g
重曹 2g
ひとつまみ
1個
グラニュー糖 90g
バナナ 中2本(熟れたもの)
無塩バター 40g
チョコレート 板チョコで1/2枚分(約30g)
あれば、飾り用に「カカオニブ(焙煎したカカオ豆を砕いたもの)」を適量。

冬のバナナブレッドの作り方・手順

冬のバナナブレッド

1:

薄力粉、ココアパウダー、ベーキングパウダー、重曹、塩はホイッパーなどでよく混ぜ、ふるっておく。

2:

バターは小さく切って、耐熱容器に入れ、湯せんまたは電子レンジで溶かしておく。バナナは斑点が見えるくらい、熟しているものを使うとおいしい。1本はフォークでつぶし、もう1本は1センチ程度の厚さにスライスする。

3:

板チョコは粗く刻む。

4:

ボウルに卵とグラニュー糖を入れ、少し白っぽくなるまでホイッパーでよく混ぜる。

5:

溶かしバターを加えて、よく混ぜる。

6:

つぶしたバナナを加え、よく混ぜる。

7:

スライスしたバナナと刻んだチョコレートを加える。

8:

ふるった1の粉類の半量も加え、ホイッパーからゴムベラに持ち替え、底から生地をすくい上げるようにして、全体にざっくり混ぜる。

9:

粉っぽさがある程度なくなったら、残りの粉類を加え、粉けが完全になくなるまでよく混ぜる。

10:

パウンド型の8分目まで生地を流し入れ、あれば表面にカカオニブを散らす。180℃に温めたオーブンで25~30分焼く。 写真はフッ素樹脂加工の型を使用。それ以外の型を使うときは、内側にバターを塗り、薄く薄力粉をまぶしてから生地を流す。

11:

竹串を端に刺してみて、サクッと通ったら、焼き上がり。生地が余ったら、カップケーキの型などに入れて焼くとよい。粗熱がとれたら、型からはずし、網の上で冷ます。 バナナとチョコレートが入っているので、竹串を刺す場所によっては、生地がついてくることも。生地だけのところを探し、何ヶ所か刺してみるといい。焼き過ぎに注意。

ガイドのワンポイントアドバイス

焼き立てを食べるときは、ホットチョコレートやコーヒーと一緒に。一晩おいて味がなじんだら、おすすめは「ミルキーセピア」。大好きな漫画家・陸奥A子さんの漫画に出てくる、ウイスキーをたらしたホットミルクです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。