ビーツ入りピンクのベーグル

所要時間:60分以上

カテゴリー:パン・ピザパン

 

味にクセなし。鮮やかなピンク色のビーツ

最近、フレンチをはじめ料理界でよく見かけるのが「ビーツ」のソースです、鮮やかな濃いピンクが盛り付けの効果的なアクセントになっています。しかも、味にクセがないから、他の食材を邪魔しません。

アメリカのサラダバーでは定番ですし、ロシアのシチュー、ボルシチにも欠かせない野菜なのですが、日本ではなかなか見かけませんでした。ずっとパンに使ってみたいと思っていたところ、カルディで水煮缶を見つけたので、さっそく挑戦! 粗くつぶして加えれば、ところどころに赤いビーツが顔をのぞかせる、とてもかわいいベーグルになりました。味はほとんどしないので、フィリングはしょっぱ系、甘い系、どちらとも相性がよいです。


ビーツ入りピンクのベーグルの材料(4個分

ビーツ入りピンクのベーグル
強力粉 300g
6g
砂糖 15g
インスタントドライイースト 3g
(ぬるま湯)120ml
ビーツ (水煮缶詰)90g※
はちみつ 適量
※ビーツはカルディなど、輸入食材を扱う店で見つかります。

ビーツ入りピンクのベーグルの作り方・手順

ビーツ入りピンクのベーグル

1:

缶詰のビーツは水けを切っておく。

2:

ハンドブレンダーやフォークを使って、ビーツをつぶす。

3:

ぬるま湯にインスタントドライイーストを溶かしておく。

4:

ボウルに強力粉、塩、砂糖を入れ、スプーンなどでよく混ぜて置き、2のビーツ、3のイースト水を加える。

5:

スプーンで粉けがなくなるまで、ざっくり混ぜる。

6:

ボウルの中、または台に取り出して、なめらかになるまで10分ほどこねる。水にぬらして固く絞った布巾をかけて、室温(25℃くらい)、30℃に設定したオーブンの発酵機能を使い、40分ほど発酵させる。

7:

2倍くらいにふくらんだら、生地を台に取り出す。

8:

カードで4等分に切る。

9:

手のひらで軽く押して生地のガスを抜き、丸める。

10:

ぬれ布巾をかけて、10分ほど休ませる(ベンチタイム)。

11:

手のひらで軽く押して平らにし、麺棒で楕円形に伸ばす。

12:

生地を横長に置き、向こうからひと折りして、指先でしっかり接着する。

13:

手前にくるくると巻いていき、最後は指先できっちりつまみ留める。 きっちりと巻き、できるだけ空気が入らないようにする。

14:

手のひらで転がし、長さ25センチほどにしたら、とじ目を上にして片端を少し細くし、もう一方の端を親指でぎゅっとつぶす。

15:

細い端っこを、つぶした端っこの中心に重ねる。

16:

細い端っこを、つぶした端っこの生地で包むようにして、はずれないようにつまみ留める。 ここできっちり留めないと、ゆでるときにはずれてしまうので注意。

17:

とじ目を下にして天板にならべ、ぬれ布巾をかけて室温で20~30分、少しふっくらさせるまで最終発酵をとる。

18:

オーブンを190℃に温めておく。鍋で湯を沸かし、1リットルにつき大さじ1のはちみつを溶かす。火加減に気をつけ、静かに沸騰している湯の中にベーグルをすべりこませ、片面30秒~1分ずつゆでる。 ソフトタイプが好みなら30秒、みっちりタイプが好みなら1分。

19:

とじ目を下にして生地を天板に並べ、すぐに温めておいたオーブンに入れて20分、裏にも焼き色がつくまで焼く。

20:

焼き上がったら、網などにのせて冷ます。

ガイドのワンポイントアドバイス

ピンク色だとつい赤いものをのせたくなります。イチゴジャムでもいいですが、ルバーブのジャムがよく合うと思います。クリームチーズにおいしい生ハムをトッピングしても。

投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。