北方最大のお茶マーケット・北京

中国茶「桂花茶」

緑茶も烏龍も安いものなら300円/50gぐらいで購入可能

中国茶「工芸茶」

お湯の中でゆっくり花開く工芸茶。見た目の美しさから女性に人気

政治・文化の中心地、首都北京には中国全土から様々な茶葉が集まってきます。つまり、銘茶を求めてお茶の産地を巡らなくても、北京一ヶ所であらゆる品種、レベルの茶葉が手に入るというわけです。今回は定番スポットから隠れ家的なお茶専門店まで、「市場」、「老舗店(老字号)」、「専門店」の3つのカテゴリーに分けて、イチオシの6スポットを紹介していきます。

具体的スポットに入る前に、「中国茶について詳しく教えて」という人は「All About中国茶」をどうぞ。特に「中国茶の分類:六大分類(1)」、「中国茶の分類:六大分類(2)」「季節ごとのお茶を楽しむ」は読んでおくと役立ちます!

中国茶の購入方法、表示価格や販売単位、価格、試飲などについては「中国茶/中国のお土産」でご案内しています。

北京の中国茶購入場所「市場編」

馬連道茶葉市場内部

馬連道茶葉市場の店舗内。茶葉や茶器が箱詰めのまま陳列される

馬連道茶葉市場

馬連道ストリート。道の両脇に茶葉ビルや小さな店舗がずらり並ぶ

市場は一般消費者も利用できますが、基本的には卸売がメイン。ホテルやレストランなどが大量買いするための場所です。そのため、販売価格は普通の小売店よりもリーズナブルなのですが、多くの場合、価格表示がされておらず値段交渉が必要となるため、「騙される」確率もあるわけで、ビギナーにはややハードルが高いといえます。ただし、広大な敷地に茶葉や茶道具、お茶の家具など、中国茶に関するあらゆる店舗がずらりと並ぶ様は見ているだけで楽しいもの。ここでは北京の西と東に位置する「馬連道茶葉市場」と「東郊市場茶葉問屋」をご紹介します。

北京の中国茶購入場所・市場編1「馬連道茶葉市場」

定番茶葉専門ビル・北京馬連道茶城

茶葉専門ビル・北京馬連道茶城。中には専門店がずらり軒を並べる

定番茶葉専門ビル・北京馬連道茶城内部

馬連道茶城内部。あちこちから「試飲してみて」の呼び込みの声が

北京の西、北京西駅側にある馬連道茶葉市場は中国二大茶葉市場の一つ、中国茶ファン必見スポットです。ちなみに中国最大の茶葉市場は広州芳村茶葉市場で、馬連道は二番手となっています。馬連道茶葉市場とは南北1.5キロの道・馬連道を中心に、全国各地の茶商の小売店やビルが立ち並ぶ一帯を示します。茶商のテナントがぎっしり入った中国茶専門ビルが10棟、専門店の数は千を超えると言われており、隅々まで見ようと思ったら、一日かけても廻りきれません。目的が特になくて「どこに行こう……」と迷った場合は、まず一番ポピュラーな「北京馬連道茶城」という中国茶専門ビルから足を運んでみてください。

 

北京馬連道

馬連道には茶道具や茶家具を専門に扱うテナントも少なくない

中国茶は種類もレベルも豊富。中国各地のありとあらゆる茶葉が手に入ります。また、茶菓子や茶道具、茶家具を専門に扱う店も少なくありません。販売価格は市内専門店より数割安くなっていますが、観光客用に高値で販売する店や、粗悪品を掴まされることもあるので要注意です。

馬連道茶葉市場での購入は中国茶の知識が必要となるので、できることならば中国茶に詳しい人と行くのがベストです。とはいえ、基本は「自分が納得すること」です。欲しい種類の茶葉をしっかり試飲して、風味と値段で納得できるお気に入りを探してみてください。

<DATA>
馬連道茶葉市場
住所:西城区馬連道茶葉市場
アクセス:地下鉄9号線「西客駅」駅からタクシー

 

北京の中国茶購入場所・市場編2「東郊市場の茶葉市場」

東郊市場茶葉市場

東郊市場。馬連道ほど大規模ではないが、茶葉&茶道具の品揃えは豊富

北京東郊市場

中央の門をくぐって右を見ながら歩いていくと茶葉市場がある

東郊市場は北京の東、CBD(北京商務中心区)に位置する巨大市場で、日用品や衣料、食料品、家具、ペット用品、電動自転車などなど、なんでも揃う卸売市場。中国茶だけでなくありとあらゆる“安物買い”を楽しめるスポットです。

お茶市場はエリア全体の中央付近に位置。馬連道茶葉市場ほど大きくありませんが、それでも「茶」と大きく表示された建物の中には茶問屋がずらり並び、大抵の茶葉は手に入りますし、茶器や茶道具も豊富です。北京で生活する外国人がよく利用するため、外国人慣れしており、そうそうふっかけてくることもありませんが、値段交渉は必要となります。

<DATA>
■東郊市場
住所:朝陽区大望路東郊市場
営業時間:9:00~17:00
アクセス:地下鉄1号線「大望路駅」徒歩15分