北京旅行の前に要チェック! 北京の天気・気温&服装

北京の天気・気温・服装

北京8月の万里の長城。炎天下になるので帽子や日傘を携帯する人が多い

「今、北京の気候はどう? どんな服装で行けばいいの?」日本から北京へ訪れる多くの人にこんな質問をよくされます。たしかに、旅行先の服装ってポイント大きいですよね。このページでは、北京の旅を快適に過ごすための、各月の気候と服装についてご紹介します。

目次  

北京の気候 夏は40度弱、冬は-10度以下……でも過ごしやすい?

北京の服装「北京の平均気温」

郊外を含む全域の平均値なので、中心地の夏はこれよりやや高め

北京の服装「懐柔」

北京7月の郊外・懐柔。水遊びが気持ちいい夏真っ盛りな季節に

北京の平均気温をみれば「冬は寒そうだけど、夏はまあまあかな」と感じる人もいると思います。けれど実際のところ、冬は朝夕マイナス10度を超える日が続き、夏は40度近い日が続く、まさに「夏は酷暑で冬は極寒」な北京です。

でも、日本人が考える酷暑、極寒とはちょっと違うのが北京の気候。というのも、温帯半湿潤大陸性季節風気候に属する北京は、一年を通じて空気がカラッと乾燥していて、夏は高温でもジメジメした不快感は低く、冬も雪が積もることはほぼなく、酷暑、極寒でも過ごしやすいのです。
 

北京の春夏秋冬とベストシーズン

北京の服装「八達嶺」

秋の八達嶺。北京の秋は紅葉が美しいことで有名 (C)八達嶺特区弁事処

北京の服装「国貿三期」

北京市内で最も高い超高層ビル「国貿三期」。秋は空が高く澄み渡って最高の見晴

北京の気候は前記した通り、温暖帯半湿潤大陸性季風気候。夏はとても暑く雨が多く、冬は寒く乾燥しがち、春秋が短いのが特徴です。雨は年間の80パーセントが6、7、8 月の3ヶ月に集中し、特に7、8月には暴雨となることもあります。

過ごしやすいのは春と秋。ただ北京の春は、突風とともに黄砂が飛んだり、柳絮(りゅうじょ)という柳の綿が舞ったり、すっきりしない日が多いので、空が高く澄み渡る秋がベストシーズンとされています。
 

北京旅行の服装決め!目安となるのは「暖気(ヌアンチー)」

北京の服装「后海」

北京1月の后海。氷点下の毎日で湖は凍りアイススケートができるほどに

北京の服装「暖気」

暖気。公共ボイラーで沸かしたお湯がここを流れ、部屋を暖める。トイレやキッチンにも設置されており、冬中ほっかほか

北京は冬になると、市内のほとんどの建物で「暖気(ヌアンチー)」というセントラルヒーティングが開始され、室内は24時間ほっかほかの状態が続きます。建物によっては供給過多で、冬は部屋では半袖ですごす……なんてこともあるほどです。

北京の暖気の供給は毎年11月15日~3月15日の4カ月間。つまりこの4カ月間は、北京の本当に寒い季節というわけで、外を歩くには分厚いダウンジャケットのような防寒服が必要です。そして、暖気供給期間の前後1カ月は、極寒ではないにしろ寒い時期なので、中綿のジャケットのようなコートは用意しておくのがベター。暖気供給期間の前後2カ月ともなれば、半袖で過ごせるほどの温かさに。北京の春と秋はとても短いのです。
 

1月の北京の天気・気温・服装

北京の服装「九門小吃」

北京1月の九門小吃。分厚いダウンジャケット必須の季節

北京の1月は最高気温が0度に近く、最低気温はマイナス10度を超える日もある、一年で最も寒い月です。北京の冬は乾燥しているせいか、体感温度は「寒く感じない」という人もいるのですが、寒いと感じた時には体の芯まで冷えきってしまう、まさに極寒!

外を歩くには厚手のダウンジャケットが必須。帽子や手袋、ズボン下、マスク、ホッカイロといった防寒グッズを用意してください。カイロについては、使い捨てカイロは預け荷物に入れておけば大丈夫ですが、オイル充填式携帯カイロは持ち込めませんので要注意です。よく日本の冬の感覚で、ダッフルコートやPコートなどウールコートを着てくる人がいるのですが、長時間外にいると凍えてしまうので要注意です。ただし、室内は暖房がガンガンに効いているので、コートの下は前開きのカーデガンやフリースなど、温度調節できる服装を用意しましょう。
 

2月の北京の天気・気温・服装

最高気温は5度に近くになり、最低気温はマイナス10度を超える日もほぼなくなるのですが、まだまだ寒い季節です。1月と同じような服装の準備が必要です。
 

3月の北京の天気・気温・服装

北京の服装「町中」

北京3月中旬の町中の人々。まだまだコートは手放せない

3月は冬から春へ向かう月です。前半は最高気温でも10度を超えず、最低気温は氷点下なので、ダウンジャケットを手放せませんが、後半になると日中は15度近くになります。

ただし、朝夕は0度近いので、中綿のコートやウールコートの準備は必要。3月後半の北京が、東京の冬とほぼ同じ感覚です。
 

4月の北京の天気・気温・服装

北京の服装「ジャージャン麺」

北京の4月は寒い日と温かい日が入り混じる服装選びの難しい月

北京の春真っ盛りです。朝夕でもマイナスにならず、日中は20度前後になります。気温の変化の大きい月なので、薄手のコートを準備しておくのがベターです。後半になると半袖で過ごせるぐらい温かくなります。

この月は、北京名物の柳絮(りゅうじょ)という柳の綿が雪のように空を舞ったり、近年は各樹木の花粉が飛ぶので、マスクを用意するのがベスト。また、日差しが「痛い」と感じるほど強くなる月なので、紫外線を気にされる方は、日焼け止めクリーム、マスク、アームカバー、サングラス、日傘など、対策グッズをお忘れなく。
 

5月の北京の天気・気温・服装

北京の服装「天壇公園」

北京5月の天壇公園。半袖がメインとなってくる季節

春から夏へ向かう月です。前半は日中25度近くに、後半は30度近くになります。半袖で十分過ごせますが、紫外線対策としての上着や日焼け止めクリーム、マスク、アームカバー、サングラス、日傘などを用意することをおすすめします。蚊が現れる季節なので、お子さんがいる場合は、防蚊対策が役立つことも。
 

6月の北京の天気・気温・服装

北京の服装「地下鉄」

北京6月の地下鉄。朝夕のラッシュは東京並みなので要注意

北京の夏到来です。日中は30度を超え、後半は35度を超える日も。朝夕でも20度近くという、安定した暑い日が続きます。水筒や塩飴、ネッククーラー、扇子など暑さ対策、そしてクーラー対策をお忘れなく。また、紫外線対策として日焼け止めクリーム、マスク、アームカバー、サングラス、日傘などを用意しましょう。なお、蚊が増え始める月なので、防蚊対策も役立ちます。
 
​​​​​​​​

7月の北京の天気・気温・服装

北京の服装「毛主席紀念堂」

北京7月の毛主席紀念堂。長時間外を歩く場合は熱中症対策を忘れずに

北京の夏本番です。日中は35度を超え、夜でも25度以上という暑い毎日です。ただ、日本よりもカラッとしているので、日影に入れば気持ちよく休息できます。そうはいっても、暑さ対策として服装はもちろん、水筒や塩飴、ネッククーラー、扇子といった対策グッズは必須です。また、紫外線対策として日焼け止めクリームやマスク、アームカバー、サングラス、日傘を準備してください。なお、クーラー対策、防蚊対策をお忘れなく。
 

8月の北京の天気・気温・服装

7月同様、夏真っ盛り。7月と同じような準備をしましょう。
 

9月の北京の天気・気温・服装

北京の服装「朝陽公園」

北京の9月は最高の行楽日和。ピクニックを楽しむ家族がいっぱい

夏から秋へ向かう月です。前半は30度を超える残暑が続きますが、後半は30度以下の心地よい日となります。後半はトレンチコートやパーカーのような羽織ものを用意しておくと、ちょっと肌寒い時に役立ちます。日焼け止め対策、防蚊対策はまだまだ役立ちます。
 

10月の北京の天気・気温・服装

北京の服装「天安門広場」

北京10月初旬の天安門広場。調節のできる服装がベター

北京の秋本番、ベストシーズンの到来です。10月1日は中国の建国記念日「国慶節(※)」で、1~7日の一週間が休み。北京は一年で最高の観光シーズンとなり、観光地はどこも人だかりとなります。

(※)中国の年間行事については「中国の季節(気候・気温)・祝日・イベント」で紹介しています。

前半は最高気温25度程度、後半になると日中でも20度以下になります。前半でも中綿のコートやウールコートは必要ですし、後半になれば朝夕5度近くと寒くなるので、ダウンジャケットのような厚手のコートが必要となります。
 

11月の北京の天気・気温・服装

北京の服装「前門」

北京11月の前門。厚手の下着とズボン下が必須の冬本番

秋から冬へ向かう月です。前半は最高気温10度ちょっと、最低気温もマイナスになることはほぼないのですが、後半は日中でも10度以下で、朝夕はマイナス。冬の到来です。

外を歩くには厚手のダウンジャケットが必須。帽子や手袋、ズボン下、マスク、ホッカイロといった防寒グッツを用意してください。また、11月15日からは「暖気(ヌアンチー)」というセントラルヒーティングが開始され、一般的に室内は暖房がガンガンに効いています。コートの下は前開きのカーデガンやフリースなど、温度調節できる服装がベターです。
 

12月の北京の天気・気温・服装

北京の服装「地下鉄」

北京12月の地下鉄ホーム。職員のユニフォームも極寒対策のホッカホカコート

本格的な北京の冬、極寒の日々の始まりです。日中でも5度以下、朝夕はマイナス10度近くなります。 1月と同じような服装の準備が必要です。


北京の気候、服装についての説明はここまでです。気温的には酷暑で極寒な北京なのですが、体感温度は過ごしやすいという不思議な都市。清朝を始め、歴代皇帝が都として選んだだけある、快適な気候です。温度に驚かず、ぜひ北京にお越しくださいね。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。