旅の前に知っておきたい中国のネット・Wi-Fi事情

中国のインターネット・Wi-Fi「スマホ」

中国でもスマホは日常の必須アイテムに。年々便利になるネットWi-Fi事情

近年、「中国のWi-Fiはどうなっているの?」と聞かれることがぐっと増えました。今や情報収集の手段としてスマホやタブレットは欠かせないツール。旅先だからこそWi-Fiがつながるかどうか、気になりますよね。このページではみなさんの疑問を一気に解決できるよう、中国のネットWi-Fiのあれこれをご案内します。

目次  

中国でスマホやタブレットは繋がる?

中国undefinedwi-fiundefinedネットundefinedフリー

規制はあるけど注意点をおさえておけば大丈夫

中国というと「ネット環境はだいじょうぶ?」とよく聞かれます。実際、中国では一部のサイトへのアクセスが制限されています。日本人のみなさんに関係するものとしては……
  • Yahoo! JAPANの検索(検索機能のみNG)
  • LINE
  • Google+、Gchat、 GmailなどGoogleサービス
  • Twitter
  • FaceBook
  • YouTube
  • ニコニコ動画
  • FC2ブログ
  • アメブロ
  • Flickr
  • Dropbox
  • Ustream
  • Instagram
こんなふうに、海外のSNSや動画配信サイト、動画共有サイトの多くは、制限がかかっていてアクセスできません。しかも制限されるサイトはその時々で変化しています。2019年1月現在、GoogleとYahoo! JAPANの検索機能がつながらず、中国にて日本語検索するのがとても不自由な状態です。下記の検索サイトは2018年3月現在、アクセスできます。 さらに、一部検索できないワードもあります。日本の検索エンジンで検索していると、突然アクセスが遮断され、一定時間、検索エンジン自体に接続不能になることも。「あれ?」と思って何度もしつこくNGワードを入力し続けると、一定時間通信切断の状態になることもあるので要注意です。
 

中国のネット事情、実はWi-Fi先進都市!?

中国のインターネット・Wi-Fi「カフェ」

中国でカフェは無料Wifi完備が普通だが、オーダー前に確認するのが無難

ネットアクセス関しては制限のある中国ですが、Wi-Fi環境に関しては、実のところ中国は先進国です。北京上海広州といった大都市やもちろん、地方の中堅都市でも町のあちこちで無料のWi-Fiスポットが見つかりますし、内陸の未開発な地域でも観光地であれば、ホテルやユースホステル、カフェではWi-Fiサービスを提供しています。
中国undefinedwi-fiundefinedネットundefinedフリー

地元人御用達の極普通の食堂にも無料Wifiがあり、日本の端末も接続可

しかも、こちらの無料Wi-Fiは事前契約が一切不要な“フリースポット”がメインなので、無線LAN機能さえあれば、日本のスマホやタブレット、PCでも無料接続が可能です。なので、いざという時はホテルのロビーやカフェのフリースポットを探して一時使用することも可能。旅行者にとっては喜ばしい環境です。
 

中国の主なWi-Fiスポット1 空港

中国のインターネット・Wi-F「無線上網身分証験証自動終端」

北京空港のWi-FiIパスワード発行端末。ターミナル3以外はないので、その場合はインフォメーションでパスワードを聞こう

中国の空港には大抵フリーWi-Fiがあります。ただし、接続にはIDとパスワードが必要で、中国の携帯SMS(短信/ショートメッセージ)で取得しなければなりません。
中国undefinedwi-fiundefinedネットundefinedフリー

端末が見つからない場合はインフォメーションでパスポートを表示してパスワードをもらおう

ただし、北京や上海、広州、杭州、福州の国際空港では、中国の携帯などを持っていない旅行者向けに、パスポートを読み取り、自動でパスワードを発行してくれる端末「無線上網身分証験証自動終端」が用意されています。端末操作の表示は英語と中国語。表示に従って、パスポートの顔写真があるページを端末にスキャンすれば、ID&パスが取得できます。端末がない場合は、インフォメーションに尋ねれば、ID&パスの取得を手伝ってくれることもあります。
 

中国の主なWi-Fiスポット2 ホテル、カフェ

中国のインターネット・Wi-Fi「スタバの無料Fiwi」

スタバのWi-Fiを使用するには中国の携帯番号が必要

町中のスポットの代表格はホテル、カフェです。特に中国でカフェは「Wi-Fiを使う場所」という概念が定着しつつあるので、個人経営の小さなカフェでもほとんど用意されています。
中国undefinedwi-fiundefinedネットundefinedフリー

中国には中国キャリアと契約なしで使えるフリースポットが多い!「免費」は無料、「無銭上網」はWi-Fiを表す

■ホテル……四つ星、五つ星クラスのホテルのロビー。宿泊者のみ使用可能の場合もありますが、フロントで頼めばパスワードをくれて、使わせてくれる場合も少なくありません

■カフェ……Costa coffee、スターバックス(中国の携帯ナンバーが必要)、上島珈琲、SPR COFFEE 、Maan Coffeeといったチェーン系カフェだけでなく、個人経営のカフェでも大抵使用可能なことが多いです。チェーン系でない個人経営のほうが完全フリーWi-Fiで、日本のスマホやタブレットも使用可能。さらに顧客用に充電用コンセントも用意してあるお店が多数。プラグの形式は日本と同じなので(詳しくは「中国の電気・電圧・プラグ事情」をどうぞ)旅行者でもフル活用できます。

■ネットカフェ……近年「網【口巴】(ワンバー)」から「網珈(ワンカー)」と名前を変えた中国のネットカフェ。以前のただずらりとPCが並ぶ事務所のような空間から、今はコーヒーやスイーツも用意され、PC利用はもちろん、完全フリーWi-Fiが完備しているお洒落な空間に大変身。近年は高級化もすすみ、一晩で約1000元(16000円強)というホテル並みの値段のところも。日本語環境もあり、インターネットやメールチェックは可能ですが、日本語打ち込みができないケースも多いので注意してください。全国的にチェーン展開をしている「網魚網珈」のほか、北京では「猫鼬網珈」「【口多】【口多】網珈」「嘉嘉網珈」などが、上海では「789網珈」「杰拉網珈」などが有名です。

ホテルやカフェ以外でも、最近では「Wi-Fiがないと、お客さんが来ない」という理由から、レストランやマッサージ店、ショップなども、サービスの一環としてフリーWi-Fiを設置するところが増えてきています。お客さん達がスマホやPCを利用しているようだったら、店員さんに「Wi-Fiありますか?」(有Wi-Fi【口馬】/ヨウ・ワイファイ・マ?)と訊ねてみましょう。ということで、次は中国語講座・Wi-Fi版をご紹介します!
 

中国の無料Wi-Fiの使い方

中国のインターネット・Wi-Fi「中国語会話」

紙を見せながら話してみよう。中国の人は良い意味でお節介なので親切に教えてくれるはず

中国のインターネット・Wi-Fi「Wifiマーク」

中国でもWi-Fiの表示は英語なので、日本人でも一目瞭然

町中のホテル、カフェ、お洒落なレストラン、マッサージ店は、Wi-Fiの表示がなくても「Wi-Fiありますか?」と聞いてみると、スタッフ用のWi-Fiを使わせてくれたりするので、聞いてみる価値ありです。現地の人との交流も旅の楽しみの一つ。メモ書きを見せながらの交流でも良いので、ぜひ試してみてください。

「Wi-Fiありますか?」……有Wi-Fi【口馬】?(ヨウ・ワイファイ・マ?)
「あります」……有(ヨウ)/「ありません」……没有(メイヨウ)
「どれですか?」(Wi-Fiネットワークを選択する際、画面を見せながら)……是【口那】个?(シィ・ネイガ?)※ネイガのネイは低音で。
「ここにIDとバスワードを書いてください」(紙と鉛筆を渡して暗証番号を書いてもらう場合)……請告訴我用戸名和密碼(チンガオスウォー・ヨンフミン・ホー・ミーマー)
「暗証番号を入れてください」(直接入れてもらう場合)……請★我輸入密【石馬】(チン・バンウォー・シュール-・ミーマー)
★……邦と巾を上下に
 

中国で使える海外用Wi-Fi

中国のインターネット・Wi-Fi「海外用Wi-Fiレンタル」

成田空港の海外用Wi-Fiレンタルカウンター。出発前でも手続きOK

中国国内のWi-Fi事情をご案内してきましたが、「いつでも日本のスマホやタブレットを使いたい」という人は、海外用Wi-Fiルーターのレンタルをおすすめします。日本の携帯電話会社も海外パケット通信サービスを展開していますが、料金は各社約3000円/日とかなりな高額。それに比べ、海外用Wi-Fiルーターは約500~1000円と割安になっています。なお、海外Wi-Fiルーターは一つで最大5人程度まで接続可能なので、友人とシェアすればかなりお得に! 申し込みはWebがメインですが、日本の主要国際空港――成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部空港、福岡空港などのカウンターで当日契約することもできます。

2019年1月現在、中国で使える海外用Wi-Fiルーターを提供しているのは主に下記の3社です。3社とも中国政府の規制を回避するプランを用意しているので、中国でもGoogle検索やLINE、Instagramなどを利用することができます。 海外用Wi-Fiの注意点は、単純なレンタル料金だけでなく、「受渡手数料」など様々な名目で別途料金がかかることです。各社詳細までしっかり確認して、使用目的にあったプランを選択しましょう。なお、Wi-Fiルーターは盗難にあいやすいので、しっかり管理することをお忘れなく。心配な場合は、各社オプションで提供している“安心補償制度”に加入したり、海外旅行保険に加入したりして、対策するという方法もあります。
 

中国の携帯電話の基本情報

中国のインターネット・Wi-F「スマホユーザー」

中国人のスマホ中毒は日本以上!? スマホ環境も年々充実

中国も日本と同様、スマホやタブレットのネット接続はキャリアのデータ通信(有料)もありますが、これは中国のキャリアと契約しなければならず、短期滞在の旅行者向きではありません。ただ滞在が長期だったり、日本のSIMロック解除携帯を持っていたりする場合は、中国のキャリアに契約したほうがお得な場合も。使う量にもよりますが、無料Wi-Fiをメインにキャリアのデータ通信を補足的に利用すれば、通話料込で月100元(1600円弱)前後といったところです。
中国undefinedwi-fiundefinedネット

北京空港の無料インターネットエリア。端末が用意されていて自由に利用できる

携帯キャリアは「中国移動(CHINA MOBILE)」と「中国聯通(CHINA UNICOM)」、「中国電信(China Telecom)」の3キャリアがあります。最大キャリアの「中国移動」は通信電波が良いと人気ですが、他の2キャリアも価格や契約スタイルでユーザー獲得に力を入れています。中国の携帯はSIMカードを使用するタイプ。

まずキャリアのショップ(営業庁)へ行ってSIMカードを購入します。以前は売店などで簡単に入手できたのですが、今は実名登録制なので、パスポート提示が必須です。セキュリティは店舗によって様々ですし、設定の際、店頭のスタッフに端末を渡さなければならない場合も。新規登録の際は、現地の友人などと一緒に行くのが無難ですが、最終的には自己責任でご利用ください。支払は先払いと後払い(プリペイド)がありますが、手続きの煩雑な後払いより先払いが一般的。通話料の支払いはショップ(営業庁)だけでなく、コンビニなどでも行えます。


中国のインターネット・Wi-Fi事情のご案内はここまでです。各都市の情報「北京のインターネット・Wi-Fi事情」、「上海のWi-Fi事情」、「マカオのWi-Fi事情」も併せてどうぞ。香港やマカオは、中国大陸と異なり、ネットアクセスの規制などはなく、さらに自由に楽しめます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。