中国のどの都市が安全で、どの都市が要注意なの?

あ

地上の天国と称される浙江省 (C)Gejian Architects & Engineers

中国人にとっても自国の治安は気になるもの。ここでは中国のネットで紹介されている「中国の治安トップテン&ワーストスリー」なる記事をベースにしながら、中国各地域の治安を紹介したいと思います。それでは、トップテン&ワーストスリーの発表に入る前に、「そこに暮らす人々の性格が、町の治安を左右する」という観点から、まずエリアごとの中国人の特徴をみていきたいと思います。

エリアごとに違う中国人の性格と特徴

中国は多民族の集合体

中国は多民族の集合体

中国は国土が広く、総じて“中国人”と呼ばれるにもかかわらず、エリアごとにその民族も文化も性格も全く違います。ここでは、中国人をざっくり北と南に分けて、性格や特徴をみていきたいと思います。

さて、まずは黄河以北の北方地をみてみましょう。首都・北京、内モンゴル、大連、ハルピンなどが属する北方は、悠久な歴史を誇る文化の発祥地。そんな土地で生活する北方人は一般的に豪傑、実直、見栄っ張り、征服欲が強いという特徴があります。そんなことから、ファーストエンペラーの長安(西安)や、ラストエンペラーの北京といった多くの王朝が北方で興ったのです。

一方の長江流域を中心にした中国の南方は、気候的に恵まれた肥沃なエリア。生産物が豊かで水上運輸も便利だということから、早くから商業が栄えました。その商売っ気は今も健全で、上海、広東、成都、重慶といった中国を代表する商業都市はすべて南方に属しています。南方人は繊細で頭の回転が早く、商人気質があると言われます。そんな彼らは北方人から「ずる賢くて、ケチ」と罵られることも少なくありません。

以上、北方人と南方人の特徴を紹介しましたが、これはあくまで一般論。「巻き舌ができない江戸っ子」や「寡黙な大阪人」がいるように、「小心者の北方人」や「荒々しい南方人」ももちろんいるということをお忘れなく。さらに細かいエリアごとの紹介は、「中国のエリアガイド」に掲載されています。次章のトップテン&ワーストスリーと照らしあわせると、面白く読めると思います。


中国の治安・都市別トップテン&ワーストスリー

さてさて、お待たせしました!中国の治安・都市別トップテン&ワーストスリーの発表です。まずはトップテンから見ていきましょう。

1位:上海 安全レベル10

上海

海外邦人数世界二の上海。一位はロス、三位はニューヨーク

安全度ナンバーワンは、中国経済の中心地・上海です。治安の安定は経済発展に欠かせない要素として、上海は秩序の維持に全力で取り組み、良好な結果を出しているようです。上海人は中国全土から「ケチで計算高い」とよく罵られます。上海人のことを忌み嫌う北京人いわく「上海の小心者はスリや引ったくりはできても、強盗や殺人なんかはできっこない!」とのこと。北京人の言い分はさておき、上海の治安の良さが、ナンバーワン経済都市として君臨し続ける要素の一つだと言っても過言ではありません。

>>>更に詳しい情報は「上海の治安」をどうぞ!

2位:北京 安全レベル7.0

毛沢東

天安門広場にある毛沢東紀念館

ナンバーツーに選ばれたのは首都・北京です。トップを上海に奪われたものの、なんとか首都としての面子は保たれたようです。北京は1271年にフビライ・ハーンが大都として元朝の都城を築いてからおよそ800年間、中国の中心であり続けてきました。今でも中国の政治・文化の中心であり、中国国内だけでなく、世界中からありとあらゆる人たちが北京へと集まってきます。旧正月になると町が閑散としてしまうほど、流動人口が多く、治安を保つのは容易ではないのかもしれません。しかし、そのような条件は上海とほぼ同じだと思いますし、中国一の監視カメラ数を誇っているのですが、繊細な南方人が多く集まる上海に比べ、豪傑な北方人が集まる北京は、なにかと騒ぎが絶えないのかもしれません。

>>>更に詳しい情報は「北京の治安」をどうぞ!