中国の治安 どの都市が安全で、どの都市が要注意なの?

中国の治安・都市別ランキング

地上の天国と称される浙江省 (C)Gejian Architects & Engineers

中国人にとっても自国の治安は気になるもの。ここでは中国のネットで紹介されている「中国の治安トップテン&ワーストスリー」なる記事をベースにしながら、中国各地域の治安を紹介したいと思います。それでは、トップテン&ワーストスリーの発表に入る前に、「そこに暮らす人々の性格が、町の治安を左右する」という観点から、まずエリアごとの中国人の特徴をみていきたいと思います。

<目次>

中国人の性格と特徴はエリアごとに違う

中国は多民族の集合体

中国は多民族の集合体

中国は国土が広く、総じて“中国人”と呼ばれるにもかかわらず、エリアごとにその民族も文化も性格も全く違います。ここでは、中国人をざっくり北と南に分けて、性格や特徴をみていきたいと思います。

さて、まずは黄河以北の北方地をみてみましょう。首都・北京、内モンゴル、大連、ハルピンなどが属する北方は、悠久な歴史を誇る文化の発祥地。そんな土地で生活する北方人は一般的に豪傑、実直、見栄っ張り、征服欲が強いという特徴があります。そんなことから、ファーストエンペラーの長安(西安)や、ラストエンペラーの北京といった多くの王朝が北方で興ったのです。

一方の長江流域を中心にした中国の南方は、気候的に恵まれた肥沃なエリア。生産物が豊かで水上運輸も便利だということから、早くから商業が栄えました。その商売っ気は今も健全で、上海、広東、成都、重慶といった中国を代表する商業都市はすべて南方に属しています。南方人は繊細で頭の回転が早く、商人気質があると言われます。そんな彼らは北方人から「ずる賢くて、ケチ」と罵られることも少なくありません。

以上、北方人と南方人の特徴を紹介しましたが、これはあくまで一般論。「巻き舌ができない江戸っ子」や「寡黙な大阪人」がいるように、「小心者の北方人」や「荒々しい南方人」ももちろんいるということをお忘れなく。さらに細かいエリアごとの紹介は、「中国のエリアガイド」に掲載されています。次章のトップテン&ワーストスリーと照らしあわせると、面白く読めると思います。
 

中国の治安・都市別安全度トップ10&ワースト3

さてさて、お待たせしました!中国の治安・都市別トップテン&ワーストスリーの発表です。まずはトップテンから見ていきましょう。
 

1位:上海 安全レベル10

上海

海外邦人数世界二の上海。一位はロス、三位はニューヨーク

安全度ナンバーワンは、中国経済の中心地・上海です。治安の安定は経済発展に欠かせない要素として、上海は秩序の維持に全力で取り組み、良好な結果を出しているようです。上海人は中国全土から「ケチで計算高い」とよく罵られます。上海人のことを忌み嫌う北京人いわく「上海の小心者はスリや引ったくりはできても、強盗や殺人なんかはできっこない!」とのこと。北京人の言い分はさておき、上海の治安の良さが、ナンバーワン経済都市として君臨し続ける要素の一つだと言っても過言ではありません。

>>>更に詳しい情報は「上海の治安」をどうぞ!
 

2位:北京 安全レベル7.0

毛沢東

天安門広場にある毛沢東紀念館

ナンバーツーに選ばれたのは首都・北京です。トップを上海に奪われたものの、なんとか首都としての面子は保たれたようです。北京は1271年にフビライ・ハーンが大都として元朝の都城を築いてからおよそ800年間、中国の中心であり続けてきました。今でも中国の政治・文化の中心であり、中国国内だけでなく、世界中からありとあらゆる人たちが北京へと集まってきます。旧正月になると町が閑散としてしまうほど、流動人口が多く、治安を保つのは容易ではないのかもしれません。しかし、そのような条件は上海とほぼ同じだと思いますし、中国一の監視カメラ数を誇り、国家を挙げて治安維持に取り組んでいますが、繊細な南方人が多く集まる上海に比べ、豪傑な北方人が集まる北京は、なにかと騒ぎが絶えないのかもしれません。

>>>更に詳しい情報は「北京の治安」をどうぞ!
 

3位:蘇州(江省省) 安全レベル9.5

留園。

世界遺産の古典庭園・留園

第三位は蘇州です。蘇州は隣接する地の利から、江省省の経済の中心として飛躍的発展をしています。旅行会社の中国ツアーには、必ず「上海、杭州、蘇州の旅」というコースがあるほどの定番観光地です。最も有名なのは、世界遺産にも認定されている蘇州古典園林。蘇州古典園林とは主に明代に建設された庭園の総称。有名な拙政園、留園など九つの庭園が登録されています。いにしえの蘇州は多くの逸材を輩出、学問の都と呼ばれていました。現在でも蘇州人は賢く、道理を重んじる穏やかな性格だといわれています。急激過ぎる経済成長の中、これだけの治安を維持できるのは、彼らの賢さによるものかもしれません。
 

4位:杭州(浙江省) 安全レベル9.5

西湖

杭州のシンボル・西湖。中国十景名勝地として全国的に知られる観光スポット

第四位は浙江省の省都・杭州です。「上有天堂、下有蘇杭(天には極楽があり、地には蘇州・杭州がある)」ということわざがあるように、杭州は古くから地上の極楽とされてきました。破竹の経済成長を続けるこの町には、億万長者がごろごろしています。中国のEコマース企業アリババ社の創業者・馬雲氏もここ杭州の出身者です。そんな勢いある杭州人ですが、彼らにはけっしてガツガツしたところはなく、西湖(国家AAAAA級旅行景区)の湖面のように穏やかだと言われます。豊かで、温和な人々が暮らす水の町。それが治安の良さにつながっているのでしょう。
 

5位:青島(山東省) 安全レベル9.0

aop 

ほどよく開発された人に優しい都市

山東半島南部に位置する産業都市・青島は、ドイツの植民地として近代化の幕開けをし、のちに日本軍の占領下に置かれました。そのため、今でも西洋風の街並みが残っていますし、中国で最も有名なビール“青島ビール”を生産しています。夏のリゾート地としても人気で、毎年開かれるビール祭りには中国全土からビール好きが集まってきます。適度に発展を遂げている沿海都市・青島は、明るい雰囲気に包まれた安全な地域です。
 

6位:新余(江西省) 安全レベル9.0

江西

江西省にある山水の名勝・武夷山

第五位までは比較的有名なところが多かったのですが、六位に選ばれた新余は、ほとんどの人が知らないと思います。それは中国でも同じことなのですが、この都市は“治安”という分野では、特記すべき場所なのです。一般的な中国の都市はマンションやアパートまでも窓に鉄格子がはめられているのに、ここ新余では商店街のお店がガラス張り! にもかかわらず、ここ数年、強盗事件が起きていないというのですから、かなり安全だと思っていいようです。
 

7位:梅州(広東省) 安全レベル8.5

梅州は、“東洋のユダヤ人”とも称される四大移民集団・客家(はっか)の故郷の一つとして有名です。青い空と豊かな水が美しい、歴史的な建造物が残る古い町。ここで暮らす人々はのんびりと穏やかで、とても友好的だと言われます。
 

8位:桂林(広西省) 安全レベル8.5

水墨画の世界

世界的に有名な桂林の幻想世界
(C)Gejian Architects & Engineers

桂林山水甲天下(桂林の山水は天下一)」と讃えられるように、桂林の自然景観の素晴らしさは世界的に有名です。まさに奇岩絶壁の山水画の世界で、訪れた者の心をひきつけます。そんな桂林には際立った産業もなく、観光が主要な収入源なのです。治安が悪ければ観光客は敬遠します。そんなことから、地元では全力をあげて、治安維持に取り組んでいるとのことです。
 

9位:船山(浙江省) 安全レベル8.0

四位の杭州に続き、浙江省二つ目のランクインです。東シナ海に浮かぶ大小1391個の島々からなる町。中国四大仏教名山の一つである普陀山で知られます。古くからとても豊かな地域。しかも、流動人口は皆無。治安が悪くなるはずもありません。
 

10位:威海(山東省) 安全レベル8.0

威海

かつてイギリスの租借地だった威海

こちらも五位の青島に続き、山東省二つ目の都市です。威海は韓国からの直接投資が集中し、順調に経済発展を成功させています。また、中国で初めての国家衛生都市となったところとしても有名で、良好な環境、人に優しい気候の威海は、国連の「人類居住賞」を受賞しています。治安の安定には使命感を持って取り組んでいて、その成果はなかなかのようです。 

さて、トップテンの次はワーストスリーの発表です。
 

ワースト1位:東莞(広東省) 危険レベル10

中心広場

東莞のシンボル・中心広場。南北1.66キロ、東西640メートルの巨大な空間

ワーストワンに選ばれてしまったのは広東中部に位置する東莞。もともと貧しい農村だったのですが、改革開放政策以降、重工業以外の各種工場が林立する工業地帯として生まれ変わりました。日系の工場も多く進出しているので、日本人の出入りも少なくないのですが、「東莞=要注意地域」という方式は中国ではかなり有名……。東莞へ旅行に行くと、すまし顔の上海人やブッキラボウな北京人までもが親切に感じられる……とさえ言われます。スリや引ったくり、売春、詐欺、コピー製品が町中に溢れかえっているのですから、夜道は歩かない、大金を持たないなど、自己防衛が必要です。政府は多くの治安部隊をこの土地に送り込んでいるようですが、問題はなかなか解決に向かわないようです。
 

ワースト2位:広州(広東省) 危険レベル9.5

広州の歴史遺産・光孝寺

広州の歴史遺産・光孝寺

2位はまたまた広東省。中国では広州は「犯罪者の天国」と言われます。早くから経済都市として発展を遂げた広州には、様々な利権がからんでいて、黒社会(チャイニーズ・マフィア)も広州系が勢力を持つと言われています。黒社会の生業といえば、黄(売春)、毒(麻薬)、賭(賭博)、蛇(密航)、槍(銃の密売)、陀(ショバ代の取り立て)、殺(殺人の請け負い)、拐(誘拐)。治安がよくなるはずもありません。こんな風に紹介すると、広東人はオドロオドロシイ人たちのように思えてしまいますが、「儲かりまっか?」を挨拶とする彼らは、大阪人と同じ明るく親しみやすい性格です。そんな彼らの住む広州は、活発で勢い溢れ、欲に素直な都市なのです。
 

ワースト3位:深セン(広東省) 危険レベル8.5

3位も広東省・深セン。つまりワーストスリーすべてが広東省という結果になってしまいました。これは広東が北京、上海と並ぶ中国三大都市として発展を遂げながらも、地理的な理由から二都市と比べて、中央政府の力が行き届かない、一種“独立王国”のような存在であることが大きな要因だと思われます。特に深センは香港への出入口であり、香港へビザを求めて国境を越える大陸在住の外国人、仕事を求めて香港へ渡る大陸労働者、香港から大陸の安い人材を求めてやってくるブローカーなどなど、様々な人たちが深センを訪れます。毎日大量の流動人口があるのですから、治安がいいわけありません。けれど、殺人などの凶悪犯が毎日多発しているわけではなく、スリや置き引き、引ったくりなどの軽犯罪がメインのようです。
 

番外編:中国住みやすい都市トップ10は?

番外編です。治安が良いだけでは住みやすい町とは言えず、公共サービス施設の利便性や自然環境の快適度も大きく影響してきます。中国社会科学院は毎年、中国40都市を対象に調査を実施して、住みやすい都市トップ10を発表しています。2018年度の結果は、1位が珠海(広東省)、2位が威海(山東省)、3位以下は信陽(河南省)、金華(浙江省)、蕪湖(安徽省)、紹興(浙江省)、揚州(江蘇省)、曲靖(雲南省)、広元(四川省)、宜春(江西省)と続きます。治安ではワーストスリーを制覇してしまった広東省もここで面子を挽回です。豊かな自然環境や適度な発展、幸福指数などが評価されたようです。上海や北京は治安面では評価されつつも、環境面や物価の高さなどが足をひっぱってしまいました。


以上、中国の治安・都市別トップテン&ワーストスリー、そして番外編でしたが、これはあくまで一般論で、統計学的なものではありません。なので、行き先が杭州だからといって安心しきっていいわけでも、広東へ行くからビクビクしなければならないわけでもないという点をお忘れなく。しかし、この順位を中国人たちに見せたところ、誰もが口を揃えて「一理ある」と言っていたものまた事実。

近年、中国大陸で反日デモが起きたり、香港でデモが起きたりしています。中国に限ったことではありませんが、旅行者としてデモが起きている場所に近づかず、政治的な話はしないのが懸命です。中国はいうまでもなく“外国”、「日本とは違う」という認識をしっかり持って、危うきには近寄らないようにしましょう。


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。