中国の電圧・プラグ(コンセント)事情

中国「延長コード」

中国の家電も今は、日本と同じ“二又”のプラグが主流

スマホやデジカメ、PC、タブレット…… 旅先だからこそフル活用したい家電製品はたくさんあります。実際、「日本の家電製品は、中国で使えるの?」と聞かれることは、少なくありません。そんな疑問を一挙解決するために、このページでは、中国の電圧とプラグ(コンセント)について、詳しくご案内します。

中国の電圧は? 変圧器(トランスフォーマー)は必要か

中国「ACアダプター」

赤線ラインの注目!INPUT100-240Vとなっていれば、変圧器なしでOK

日本の電圧は100Vですが、中国は香港、マカオも含め220V。つまり、一般的には日本の家電製品を使うには変圧器が必須……ということになります。けれど、スマホ、タブレット、デジカメ、ノートPC、電気シェーバーなどは、100~240Vまで対応で、変圧器不要なものがほとんど。持参したい家電製品のACアダプターをチェックして、「入力(INPUT)100-240V」と表示してあれば、変圧器なしで中国でも利用できます。
中国undefined電圧undefinedコンセントundefined変圧器undefined変換プラグundefined電気

新しく購入する場合は、店員に「海外対応か?」を確認するのがベター


旅行者にはあまり関係ありませんが、電子レンジやコーヒーメーカーなど、日本の生活家電は、変圧器(トランス)が必要な場合がほとんど。中国の220Vを100Vに変換するので、220→100Vのダウントランス(※1)で、しかも、変圧器には電力容量(W=ワット数またはVA=ボルトアンペア)があり、その電力容量を超える家電製品は、使えません。つまり、電力容量100Wの変圧器で、消費電力1000Wのドライヤーは使えないということです。さらに、炊飯器など長時間稼働の家電には、約3倍の電力容量の変圧器が必要と言われます。
中国undefined電圧undefinedコンセントundefined変圧器undefined変換プラグundefined電気

中国の一般的なコンセント。上部の2つ穴に日本のプラグをそのまま挿せばOK

以上のように、変圧器選びはなかなか難しく、変圧器自体が重いので、海外対応の家電を購入するか、中国国内で家電を調達するのがベター。それでも変圧器を購入する場合は、売場スタッフなどに相談してみましょう。ちなみに、変圧器はダウントランスもアップトランスも、特に電力容量の大きなものは、中国国内で購入するほうが格安です(※2)。

※1…海外の家電製品を日本で使うための変圧器は、アップトランスという
※2…日本で数万円する変圧器が中国では数千円で手に入る

中国のプラグ、コンセントの形状は?
変換プラグは必要?

中国「プラグ」

中国のプラグは2又でも日本とタイプが違う……と説明される場合もあるが、実際はそのまま使用可

結論から言うと、中国大陸では変換プラグは必要ありません。中国の電源プラグ、コンセントは現在、上の写真の2つがメイン。以前は色々な形状がありましたが、現在は、日本と同じ平型のピンが縦に2つ並んだ「2又タイプ」と、「3又タイプ」に、ほぼ統一されています。しかも、中国で販売されているスマホや小型家電のほとんどのプラグは、日本と同じ2又タイプなので安心してください。
中国undefined電圧undefinedコンセントundefined変圧器undefined変換プラグundefined電気

中国の一般的な延長コード。日本のプラグをそのまま挿してOK

もちろん、「コンセントの穴が足りない……」なんてことは考えられます。3ツ星以上のホテルなら、延長コードのレンタルなどを行っていますので、問い合わせてみてください。また最近では、日本と同様にUSBの差込口のあるコンセントも登場。USB変換アダプターなどを介さずに、コンセントから直接、USB経由でに充電したり、電源を供給できる優れものです。

注意:香港とマカオのプラグはBFタイプ(角3ピンのイギリスタイプ)なので、変換プラグが必要となります。

発火の危険大!「万能コンセント」は使用禁止

中国「危険なコンセント」

近々、しっかりと基準が設けられると言われている中国のコンセント

中国のコンセントは2又タイプにも3又タイプにも対応する「万能コンセント(中国語:万能插座)」がたくさん売られていてとても便利なのですが、その「万能コンセント」が発火の原因になるとニュースになっています。2016年の夏には「万能コンセント」の販売は明確に違法と定められました。上の写真の一番下の赤丸のタイプはとても危険とされている形状のもの。その上の青丸のタイプは合格とされています。そして一番安全なのは一番上の2又タイプ用と3又タイプ用が完全に別れているタイプです。日本からの家電は大抵2又タイプだと思うので、コンセントを使用する際は、できるだけ「単独の2又用」を使うように心がけてください。

中国の電気・電圧・プラグの説明は以上です。香港&マカオは変換プラグが必要ですが、中国大陸ならば、スマートフォン、カメラ、ノートパソコンだけなら、ほとんどの場合、変圧器も変換プラグも必要ありません。持参したい家電の入力(INPUT)をチェックして、変圧器不必要なものを選べば、出費を抑え、荷物も軽々出発できます!ただし、PCもスマホもカメラも、空港の手荷物検査でのチェックがあるので、すぐに取り出せるようにまとめておくのがベターです。詳しくは「中国旅行の荷造りの強い味方! 持ち物チェックリスト」の記事で紹介しています。

関連記事
香港・マカオの電圧、コンセント、プラグ、変圧器事情
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。