香港とマカオの電気事情

香港undefined電圧undefinedコンセントundefined変圧器undefinedプラグundefined充電

スマホの充電に日本の充電器は使える?

旅行中、デジタルカメラや携帯電話、ノートパソコンなどの充電する機会は多いですよね。着いて「しまった!」と困らないようにも事前に知っておくと便利な香港とマカオの電圧・プラグ事情をご紹介します。

香港とマカオの電圧

香港とマカオの電圧は220ボルト(V)で周波数は50ヘルツ(Hz)です。日本は100V、周波数は50/60Hzなので、日本の電気製品をそのままでは香港とマカオで使用することができません。

香港とマカオのコンセントとプラグの形状

角3ピンのプラグ

香港のプラグはイギリスと同じ

香港のプラグはBFタイプという角3ピンのタイプです。BFタイプはイギリス型とも呼ばれ、香港以外にも旧英国系のシンガポールやマレーシアなどでも使用されています。

マカオのプラグはBFタイプの他にヨーロッパタイプの丸2ピンのCタイプと丸3ピンのB3タイプが使われています。ホテルでは香港式の英国タイプの角3ピンのアダプターが備え付けられているところが多いです。

日本の電源プラグはAタイプで、全く形が違うため香港のBFタイプとマカオのCとB3タイプに直接差し込むことはできません。

便利なマルチ変換アダプター

機内販売している航空会社もある

マルチ変換プラグはひとつあると便利

日本のプラグを香港とマカオで使用するには、変換プラグが必要です。ホテルによっては部屋のコンセントがマルチ対応になっているところや変換プラグを貸し出していることもあります。ない場合は街中の電化製品のお店などで売っています。

単純なタイプだと数百円で購入することもできますが、現地で変換プラグを探して観光やショッピングの時間がなくなってしまうのはもったいないですよね。頻繁に海外にでかける人であれば、マルチ変換プラグアダプターの購入をおすすめします。お値段は数千円しますが、世界各地のほぼどこでも使えるので非常に便利です。

変圧器は必要?

日本製の充電器は多くが不要

充電器を確認して変圧器がいるか確認

100-240V対応の機器なら変圧器は不要です。日本で使っているもので、旅行先で使う多くのモバイル製品やパソコンの充電器は220Vも対応しているので、その場合は変換プラグをつけるだけで使用可能です。

INPUTと書かれたところに100-240Vとありますが、100Vから240Vまで対応できるという意味なので、電圧が220Vの香港とマカオでは使用できるということになります。

ヘアドライヤーはAC100-120V/220-240Vの電源に対応する「海外国内両用ドライヤー」の切り替えタイプだと使えますが、くれぐれも使う前にボルトを確認してください。日本の電圧は100V、香港とマカオの電圧は220Vなので、切り替えずに使用するとショートしたり、発火の原因にもなるので要注意です。

ホテルによっては変圧器の貸し出しもしているので、もし必要な場合は事前に問い合わせておくといいでしょう。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。