日本からマカオへの行き方・アクセスって?

マカオ国際空港

タイパ島の北東部に位置するマカオ国際空港

日本からマカオへは、主に直行便を利用する方法と香港経由の2通りの方法があります。上海や台北経由のフライトを利用する方法や隣接する広東省経由の陸路や海路もありますが、ここでは最もメジャーな直行便と香港経由でのアクセスを中心にご紹介します。

日本からマカオへの行き方(直行便)

マカオ航空

福岡国際空港に駐機するマカオ航空機

日本からマカオへの直行便は成田国際空港、関西国際空港、福岡国際空港からそれぞれ就航しています。現在(2017年7月20日現在)、マカオへはマカオ航空(Air Macau)が成田国際空港と関西国際空港からそれぞれ毎日1便、福岡国際空港から週3便(月・水・金)の直行便を運航。2010年7月1日よりマカオ航空と全日空(ANA)がコードシェアによる運航をスタートしたため、マイレージ会員にとっても利便性が向上したといえます。

【航空会社の公式ウェブサイト(日本語)】

日本からマカオへのアクセス(香港経由)

タイパフェリーターミナル

タイパ島・北安地区にあるタイパフェリーターミナル

マカオへの直行便でなくとも、日本各地からフライトが多い香港を経由してマカオへ入るルートもたいへん便利です。香港からマカオへはフェリーまたはヘリコプターでアクセスできます。ほかに香港から珠海や深センなど広東省各地に入り、そこから陸路や海路でマカオに入る方法もあります。

香港からマカオへの行き方(フェリー)

豪華席の座席配置はゆったり(写真はターボジェットの一例)

豪華席の座席配置はゆったり(写真はターボジェットの一例)

一番便利でポピュラーな手段がフェリー。フェリーといってもジェットフォイル(高速船)を使ったサービスのため大変スピーディです。香港国際空港、香港島・上環の信徳中心にある香港マカオフェリーターミナル(港澳碼頭)、九龍半島・尖沙咀にあるチャイナ・ホンコン・シティ(中港城碼頭)、新界にある屯門フェリーターミナル(屯門碼頭)からそれぞれマカオへ直行フェリーが出ていますので、自分の旅のプランに合わせて選択できます。

座席は運航する船会社によって呼び名の違いはあるものの、普通席(エコノミークラス)と豪華席(スーパークラス)の2種類あり(個室があるタイプの船も)、豪華席の乗客は専用待合室を利用できるほか、優先下船や船内での無料軽食サービスも提供されます。普通席、豪華席ともに完全指定席ですが、購入後のチケットを持って乗り場へ向かい、乗船ゲートの係員から座席番号の印刷されたシールを貼ってもらうというシステムになっています。ゲートに到着後は、速やかに座席指定を受けるようにしてください。また、窓側や通路側といった希望も、その際に係員に伝えることが可能です。

※香港・マカオ間のフェリー運賃は港湾使用料・出入境税等の関係で片道の運賃がそれぞれ若干異なります。また、日中と夜間、平日と週末・祝祭日でも料金が変わります。ここで表示する価格は香港からマカオへ向かう場合の平日の日中の運賃に統一しました。

※タイムスケジュールや料金は頻繁に変更になるため、必ずご旅行前に事前にホームページ等でご確認ください。

 

【香港国際空港→マカオ/タイパ】
■ターボジェット・シーエクスプレス(Turbo Jet Sea Express/機場噴射飛航)
ターボジェット・シーエクスプレスのキャビンの様子(普通席)

ターボジェット・シーエクスプレスのキャビンの様子(普通席)

1日5便の運航。所要時間は約70分。すべてマカオ半島にあるマカオ外港フェリーターミナルに到着します。料金は普通席254香港ドル、豪華席407香港ドル。(※港珠澳大橋建設工事の影響を受け、以前と比較して本数が大幅に削減された上、所要時間も長くなっています)

入境手続きは香港国際空港ではなくマカオのフェリーターミナルに到着後になります。香港国際空港の到着ターミナル5階にある専用カウンター(E2カウンター)でチケット購入、受託手荷物の手続きをし、空港内シャトルバスでスカイピア(空港内のフェリーターミナル)に向かいます。無料でチェックインできる受託手荷物は1人1個20kg(豪華席は30kg)までで、それを超える場合は追加料金が必要。

香港国際空港からマカオに直接アクセスできる利便性に加え、本数が限られていることもあり、当日ではチケットの確保が難しいことも多くなっています。ホームページにて事前にチケットを予約購入し、当日カウンターで受け取ることも可能です。また、乗り継ぎ時間には少し余裕を持たせることを考慮に入れておくといいかと思います。

■コタイウォータージェット(Cotai Water Jet/金光飛航)
タイパフェリーターミナルをハブにしているコタイ・ジェットも空港路線を運航しています。1日5便の運航で、すべてタイパフェリーターミナルに到着。香港国際空港内のカウンターの場所と所要時間ともに上記ターボジェット・シーエクスプレスと同様。料金は普通席254香港ドル、豪華席392香港ドルで、夜間出発便はやや割高に。チケットはホームページで事前予約購入可能。

 

【香港島(上環)→マカオ/タイパ】
■ターボジェット(Turbo Jet/噴射飛航)
赤い塗装が目印のターボジェット。様々なタイプの船があります

赤い塗装が目印のターボジェット。様々なタイプの船がある

24時間運航で、深夜早朝以外は最短5分、通常15分間隔で運航しており、所要時間は約60分。料金は普通席164香港ドル、豪華席326香港ドル。なお、夜間及び週末・祝日は若干価格が上がるので注意が必要です。無料で船内に持ち込める手荷物は1人1個20kg(豪華席は30kg)まで。それを超える場合は追加料金が必要になります。

運航本数が多いため予約なしでも乗れる場合がほとんどですが、週末や香港・マカオ・中国の暦の祝祭日などは混雑することもあるため、事前予約しておくと安心です。フェリーターミナルの窓口、地元の旅行代理店、ホームページなどで事前購入できます。

 

■コタイウォータージェット(Cotai Water Jet/金光飛航)
鮮やかなブルーの船体がコタイジェット

鮮やかなブルーの船体がコタイジェット

香港(上環)発で7時から23時半まで、ほぼ30分に1本の運航。料金は普通席(コタイクラス)165香港ドル、豪華席(コタイファースト)280香港ドル。なお、週末・祝日と夜間は若干価格が上がるので注意が必要です。チケット販売窓口はターボジェットのチケット売場と反対側、Shop322にある青い看板の珠江海運(CKS)になります。ホームページにて事前予約購入も可能です。

 
【九龍半島(尖沙咀)→マカオ】
■ターボジェット(Turbo Jet/噴射飛航)
チャイナ・ホンコン・シティ

九龍半島・尖沙咀にあるチャイナ・ホンコン・シティ(中港城碼頭)

7時~22時半まで、30分~1時間に1本の運航。料金は普通席164香港ドル、豪華席326香港ドルで、所要時間は約60分。チケット売場は出発フロアの北東角にあります。こちらもホームページにて事前予約購入が可能。

■コタイウォータージェット(Cotai Water Jet/金光飛航)
コタイウォータージェットも九龍路線に参入。1日6便の運航で、5便がタイパフェリーターミナル、1便がマカオ外港フェリーターミナル着。料金は普通席165香港ドル、豪華席280香港ドルで、所要時間は約60分。 

【新界(屯門)→マカオ】
■ターボジェット(Turbo Jet/噴射飛航)
2016年1月に就航した新路線。平日が1日7便、土・日・祝は9便の運航。料金は普通席164香港ドル、豪華席326香港ドルで、所要時間は約40分。