香港でメジャーなビールは「サンミゲル」

サンミゲル

330ml缶の「サンミゲル」。コンビニで8香港ドル(約112円)

アジアを代表する国際都市・香港では、世界各国のビールが楽しめますが、最もメジャーなビールといえば「サンミゲル」でしょう。中でも最も流通しているのは「サンミゲル・ピルセン」という種類で、ほのかな甘い香りにアジアの熱気を吹き飛ばすすっきりとしたのどごしと軽い飲み口が特徴です。後味がちょっぴり苦めなので、苦いのが苦手という人には、味が薄めの「サンミゲル・ライト」がおすすめ。アルコール度数は「サンミゲル・ピルセン」が5%に対し、3.6%と低めです。
 

フィリピン生まれの「サンミゲル」が香港に浸透するまで

サンミゲル

お洒落なビン入りは320mlで定価HK$14.9(約208円)。スーパーでは特価でHK$9.9(約138円)

香港で多くの人々に愛される「サンミゲル」ですが、実は生まれはフィリピン。生みの親であるサンミゲル社は1890年に創業した老舗で、「サンミゲル」は今でもフィリピンでシェア9割を誇る、地元で最も愛されるビールなのです。
サンミゲル

スーパーでまとめ買いすればよりお得。サンミゲル・ライトの336ml6缶入りがHK$65.9(約922円)からなんとHK$48.9(約684円)!

では、なぜ香港でこれほどまでに浸透したのか。それにはもちろん理由があります。1914年にサンミゲル社は上海、グアム、香港に輸出を開始。そして1948年には香港に醸造所を設け、生産をスタートしました。そのせいもあって、今では香港人のでも「サンミゲルは香港のビールだよ」と言う人も出てくるほど、メジャーな存在になったのです。
 
 

クラフトビールブーム到来!香港地ビールがアツい!

クラフトビール

ラベルもユニークな香港のクラフトビール。左から順に「Young Master」「Hong Kong Beer Co.」「Gweilo Beer (Hong Kong) Limited」のもの

ほんの数年前まで香港らしさを感じるビールといえば「サンミゲル」で、香港オリジナルのものはごくわずかでした。しかし、今や世界中のクラフトビールブームの波に乗り、香港も空前のクラフトビールブームが到来!世界各国のクラフトビールだけでなく、香港でオリジナルのビールが作られるようになりました。
HONG KONG BEER

香港の地名を取り入れたビールはおみやげにもピッタリ

中でもメジャーなブルワリーは「Hong Kong Beer Co.」「Gweilo Beer (Hong Kong) Limited」「Young Master」。「Hong Kong Beer Co.」のビールはドラゴンズ・バックやビッグウェイブ・ベイなど、香港にある地名から命名していたり、また、「Gweilo Beer (Hong Kong) Limited」はメーカー名自体が広東語だったり、「Young Master」はカンフー服のイラストを用いていたりと香港色たっぷりなので、お土産にもおすすめです。
crafissimo

上環にあるクラフトビール専門店「CRAFTISSIMO」は香港のビール通が集う場所

香港にはクラフトビールの専門店も増えていて、例えば上環(ションワン)エリアにある「crafissimo」には、種類豊富なボトルが揃う上、店先で立ち飲みできるようにバーカウンターを設置。また、香港随一のバーエリア・蘭桂坊 (ランクヮイフォン)の入口にあるイタリアンカフェテリア「Ciao Chow」には、クラフトビールのサーバーもあり、注ぎたてを飲むことができます。
 

<DATA>
■CRAFTISSIMO
住所:Tai Ping Building, Shop D, G/F, Sheung Wan, 22-24A Tai Ping Shan St, Sheung Wan
TEL:(852)6274 3130
アクセス:
営業:日~木 13:00~22:00
定休日:無
 
■Ciao Chow
住所:G/F, California Tower, 30-32 D'Aguilar Street, Lan Kwai Fong, Central
TEL:(852)2344 0005
アクセス:MTR中環(セントラル)D1/D2出口から徒歩約4分。
営業:日~木 12:00~翌2:00、金土 ~翌4:00
定休日:無
 

酒税ゼロ!お値打ちビールをハッピーアワーでさらにお得に!

ハッピーアワー

街のいたるところで見かけるハッピーアワーの看板

2008年に30度以下のアルコールへの関税が完全撤廃された香港では、日本と比べてかなりお酒が安いのが特徴。例えば、先述したサンミゲルは、2019年6月現在、330ml缶が8香港ドル(約112円)で購入できます。それだけでもうれしいところですが、香港では夕方からハッピーアワーを設ける店が多く、アルコールを半額で提供したり、1杯オーダーしたらもう1杯おまけしてくれたりと、さらにお得にお酒が楽しめる環境が整っています。
Ciao Chow

週末が近づくとのんべえで溢れかえる蘭桂坊の「Ciao Chow」。香港のクラフトビールのほか、さまざまな国のビールが楽しめる

そういったお店では香港ならではのビールはもちろん、ドイツの「カールスバーグ」、オランダの「ハイネケン」ベルギーの「ステラ」や「ヒューガルデン」など世界各国のビールがお値打ちに楽しめるので、利用しない手はないです。
お得に楽しく、色々な種類のビールを楽しんでください。くれぐれも、飲みすぎには注意して……。

※1香港ドル=約14円(2019年4月25日現在)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。