知っておきたい、上海のWi-Fi事情

今の世の中、ネットのない状況なんて考えらませんよね。なんと上海のWi-Fi(無線LAN)は日本よりも充実していて、いろいろな場所から無料でつなげることができます。そのせいか、確かに街中のいたるところでネットをしている人を見かけます。それでは、一体どんな場所でWi-Fiがつながるのか見てみましょう。

公共の場所

浦東空港では、「SPIA-guest」が無料で使えますので、空港に降り立った時や、出発前、トランジットの時にはどんどん利用してしまいましょう。

カフェやレストランにて

x

このようにパスワードがテーブルの上に置いてあることもある。店員さんを煩わすことなくスムースにアクセス!

特にカフェやレストランなどは、Wi-Fiのカバー率が高く、無料で利用できるお店が数多くあります。気軽にお店の人に「Wi-Fi的密碼?(Wi-Fiのパスワードは)?」と聞いてみてください。ちゃんと教えてくれますし、携帯やiPadを手渡すと、そのまま入力してくれることも多々あります。私はいつもそうしています。

レシートにパスワードが書いてあったり、店内にパスワードを書いた紙が貼ってあることもありますし、なかにはパスワードを入力せずとも勝手にネットにつながる場所もあるくらいです。

 

Wi-Fiがつながる有名カフェ・レストランの紹介

  • Costa coffee
  • The Coffe Bean & Tea Leave
  • Wagas
  • Blue Flog
  • 新元素(Element Fresh)
など、のカフェ・レストランチェーン店です。もっともっと繋がる場所はありますが、上記はほんの一例です。

ただしSTAR BACKSは、Wi-Fi登録時に中国の携帯番号が必要になるので、日本の番号しかない人はWi-Fiを断念せざる得ません。

ちなみに、中華系レストランでも、外国人や若いお客さんが多いお店では、つながることが多いので、一言「有wifi?(ヨウワイファイマ)?」と尋ねてみてください。

湯包(小籠包)や焼き小籠包などのストリートフード的な簡易小吃(スナック)店では、Wi-Fiが通じないと思った方が賢明です。

ホテルのロビーやホテル内

x

こんな環境で優雅にネットしちゃいましょう

5つ星ホテルなどロビーでも無料Wi-Fiを使える箇所が多いので、トイレ休憩ついでに、ちょこっと調べものなどをしてみては? 客室はホテルによって有料になる場合がありますので、宿泊前に各自で確認してみましょう。

 

あれ?つながらない?と思ったら……

そうなのです。Facebook、twitter、youtubeなど、中国で閲覧できないサイトがこの他にもいくつかあります。何回トライしても繋がらないものは検査に引っ掛かったサイトだということで、ここはきっぱり諦めて日本に帰ってからチェックしましょう。

VPNという有料システムを通すと、これらも開けるのですが、短期の個人旅行の際にはそこまでする必要もないのかも?

あ、バッテリーが!

よくありますね、もうすぐ電源切れちゃう!ってこと。でもでも安心あれ。上海では、カフェやレストランなどで自由に充電させてもらえます。コンセントを見かけたら、コンピューターもしっかりと電源につないで使用可能にしてしまいましょう。PCや携帯は変圧器も必要ありませんし、日本のプラグは中国でそのまま使用可能です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。