連日長蛇の人気店! 南翔饅頭店

x

もちもちの皮が特徴の南翔饅頭店の小籠包。行列に並んででも、一度は試してみたい上海伝統の味

上海で小籠包と言えばここ! あまりにも有名で、「南翔饅頭店」を目指して豫園に来る観光客がひっきりなしの超人気店です。

1階 テイクアウトコーナー

x

ご覧ください、この行列!カメラに入りきらないほど、もっともっと多くの人が並んでいました。

豫園の中心にある九曲橋横にある南翔饅頭店の1階、テイクアウトコーナーはほぼ毎日長蛇の列ができています。みんな小籠包のためだけに、季節を問わず並んでいます(私は最高1時間45分並んだ記憶があります)。

でもこの待ち時間がスパイス?待てば待つほど美味しく感じられるからまた不思議です。

南翔饅頭店

こんな風に逆さまになっているのもご愛敬、見かけはお味でカバーということで……!?

自分の番が来ると、小籠包は蒸籠からプラスティックの器に逆さま状態に盛られ、無造作に手渡しされます。お酢はカウンター上の急須に入っているので、それをドバッとかけて、その場を離れなくてはいけません。が、手にした瞬間はすごくうれしい! ベンチもあるのですが、座る場所がないことが多いので、立ったまま「いただきます~」。

湯気の出る小籠包をつまみ1口かんでみると、皮は結構しっかりとしていてモチモチと歯応えがあり、中からたっぷりの肉汁が出てきます。せっかく手にした小籠包なので、ここは16個すべて平らげてしまいたいところです!

※参考価格:蟹粉鮮肉小籠包(蟹ミソ入り)20元(16個)


時間のない人、ゆっくり食べたい人は……

「南翔饅頭店の小籠包が食べたい! でも時間がない!」という人に朗報。ぜひ2階に上がってみてください。お値段に合わせた3つのレストランスペースがあり、そちらでの待ち時間は1階よりも短く済みます(でも週末のお昼時にはやはり少しは待つ覚悟で)。

2階 船舫亭

x

ワイワイ、ガヤガヤのスペースですが、ローカル気分が味わえて楽しい!

リーズナブルな価格が魅力的で、多くのローカルの人たちで賑わっているコーナーです。それでもいつも人がいっぱいなので合席も辞さない覚悟で臨んでください! 料金はカウンターにて先払いです。

※参考価格:蟹粉鮮肉小籠包(蟹ミソ入り)25元(8個)

3階 長興楼

x

ゆっくりと小籠包や点心を味わいたい人にお勧めのコーナー

さらに上に上がった右手にあるのがこのスペース。2階よりもずっと落ち着いた雰囲気になり、お値段も少し上がります。メニューは小籠包などの点心やスープなどの簡単なモノが中心になります。自分の席についてオーダーするスタイルです。

※参考価格:蟹粉鮮肉小籠包(蟹ミソ入り)30元(6個)
最低消費額50元/名

3階 鼎興楼

x

こちらのスペースでは小籠包だけでなく、ちょっとゴージャスなレストランと変わらぬメニュー内容が味わえます。

3階の左手にあるのは「南翔饅頭店」の中で最も高級なスペースで、小籠包だけでなく上海料理を中心としたメニューもあり、ゆったりと食事を楽しむことができます。優雅な気分でお食事をしたい人にはお勧めです。

※参考価格:蟹粉鮮肉小籠包(蟹ミソ入り)35元(6個)
最低消費額80元/名(予約の場合は150元/名)

<DATA>
■ナンシャン マントウディエン
住所:豫園路85号(九曲橋横)
TEL:021-6355-4206/6326-5265
営業時間:1階 7:00~20:00 2、3階 10:00~19:00
アクセス:地下鉄10号線「豫園駅」 徒歩約5分

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。