ベトナム北部の料理の特徴

フォーボー

ベトナム料理の代表格、フォー。写真は牛肉のフォー「フォーボー」

ベトナム、フォー

ハノイの人気フォー屋。回転も速い

日本でも人気の高いベトナム料理。中国とフランス文化の影響をうけ、薄味でハーブなどを多用するのが特徴といわれますが、南北に長いベトナムでは地域によって料理の味も変わってきます。

首都ハノイを中心とする北部料理の特徴は、醤油や魚醤を使った「しょっぱい」味。といっても、それはあくまで中部や南部と比較した場合。顔をしかめてしまうほど強烈な塩気はなく、料理の味付けはごくマイルドです。南部では料理に砂糖やココナッツなどがよく使われますが、北部ではほとんど使われません。そのため、北と南では甘さに対する感覚も違うよう。北部ハノイの現地ガイド、グェン・ウァン・ハインさんは、鶏などでダシをとったスープの味を「甘い」と表現していました。

 

チャーカー

北部名物揚げ魚チャーカー。奥のブンと一緒に食べる

名物料理も多く、いまやベトナムの国民的料理ともいえる米麺「フォー」もハノイが本場。フォーとは、水につけた米をひき、蒸して細切りにした平打ち麺。専門店もたくさんあります。
「フォーは日本料理でいうところの寿司のような存在ですね」
とハインさん。とくに朝食に食べることが多いそうで、町なかの屋台や食堂では朝早くから麺をすする人の姿を見かけました。

また、ところてんのように細い穴から押し出してつくる米麺「ブン」もポピュラー。いろいろな食べ方がありますが、肉団子と一緒に食べる「ブンチャー」が定番。北部名物の揚げ魚「チャーカー」と一緒に食べることもあります。

 

ベトナム北部へのアクセス

ベトナム、サパ

棚田が美しいサパ周辺。米も当然おいしい

ベトナム航空の機内食

盛付けも美しいベトナム航空ビジネスクラスの機内食

今回は首都ハノイを起点に、少数民族がすむ山岳地帯サパと世界遺産にも登録されているハロン湾でのクルーズを取材しました。土地の味覚があふれるベトナム北部の山と海。食材も違えば、料理も変わってきます。

北部の旅の起点となるハノイまでは日本からベトナム航空の直行便で約6時間。成田・中部・関西・福岡空港から直行便があり、福岡=ハノイは実に5時間台という近さ。そこからサパへはハノイから寝台列車で約8時間半、さらに車で1時間。寝台列車は、サパ屈指のリゾートホテル、ビクトリアホテルに宿泊すれば、ゲスト専用のコンパートメントを利用でき、ちょっと豪華な列車旅も楽しめます。一方、ハロン湾クルーズへは、ハノイから陸路で3時間ほど。各種ツアーも充実しているのでアクセスも容易です。

取材協力:ベトナム航空

 

<記事INDEX>
  1. 少数民族の郷、ベトナム・サパのグルメ・レストラン
  2. 世界遺産とグルメを楽しむ!ハロン湾クルーズ
  3. ハノイの有名・おすすめレストラン
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。