炊飯器で簡単!2種のさつまいもご飯の作り方

所要時間:60分以上

カテゴリー:ご飯炊き込みご飯

 

さつまいもの甘みを引き出すのは炊飯器って本当?

さつまいもをおいしく食べるポイントは、時間をかけてゆっくり低温で加熱すること。そのおかげで酵素の働きが活発になり、さつまいもに含まれるでんぷんを糖にしてくれるので、甘みがグンと増すのです! 中でも炊飯器はゆっくり低温加熱ができるので、さつまいもの味を引き出すにはぴったりです。

今回は、ごくごくシンプルなさつまいもご飯と、ベーコン入りの洋風テイストのガッツリさつまいもご飯の2種類を紹介します。基本的な作り方は一緒。あとは、炊飯機に入れる具材次第。シンプルご飯は、噛めばじんわりとさつまいもの甘みがにじむ、素朴な味わいが楽しめます。ガッツリご飯は、ベーコンの塩気とさつまいもの甘みが合わさって、やめられないおいしさに! ぜひ炊き上がりをお召し上がりください。


炊飯器で2種のさつまいもご飯の材料(2人分

シンプルさつまいもごはん
2合
360ml
さつまいも 1本(200~250g)
小さじ1/3
昆布 5cm
黒ごま 少々
ガッツリさつまいもご飯
2合
360ml
さつまいも 1本(200~250g)
ベーコン かたまり100g
ネギの青い部分 1本
にんじん ヘタや皮などの捨てる部分
大さじ1
小さじ1/3
ブラックペッパー 少々
さつまいもは大きめ1本を使っています。かなりさつまいもの量が多めになるので、お好みで加減してください。

炊飯器で2種のさつまいもご飯の作り方・手順

共通

1:お米を洗う

お米を洗う
お米を洗ったら、水に30分以上つけておきます。

2:さつまいもを切る

さつまいもを切る
さつまいもを2cmほどの輪切りに切ったら皮をむき、一口大に切ります。 さつまいもの皮は、輪切りにしてからむいた方が、むきやすいです。

3:水に浸ける

水に浸ける
さつまいもをボウルに入れて、水につけておきます。こうすることで変色を防ぐことができます。

シンプルさつまいもご飯

4:シンプルさつまいもご飯の準備

シンプルさつまいもご飯の準備
炊飯器の内釜に、お米、分量の水、塩、昆布を入れたら、水気を切ったさつまいもをのせて炊飯器にセットし、普通に炊きます。

5:炊き上がり

炊き上がり
炊き上がったら、昆布を取り除き、混ぜます。

6:できあがり

できあがり
茶碗によそって、黒ごまをかけていただきます。

ガッツリさつまいもご飯

7:ベーコンを焼く

ベーコンを焼く
塊のベーコンを1cm角に切ったら、フライパンで焦げ目がつくまで中火で焼きます。

8:ガッツリさつまいもご飯の準備

ガッツリさつまいもご飯の準備
内釜に、お米と分量の水を入れます。大さじ1分の水を取り除いたら酒、塩、さつまいも、ベーコン、にんじん、ねぎを加え、炊飯器にセットします。あとは、普通に炊きます。

9:できあがり

できあがり
炊き上がったら、ねぎとにんじんを取り除き、混ぜます。

茶碗に盛り付けて、ブラックペッパーをかけてできあがりです。

ガイドのワンポイントアドバイス

さつまいもはビタミンCが豊富で、100g中の含有量は柑橘類並み! その他、イモ類には珍しいビタミンE、食物繊維なども多く含まれています。ビタミンCとビタミンEを同時に持っているので、美肌作りや風邪予防にもおすすめです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。