南フランスのフラットブレッド、フーガス

所要時間:60分以上

カテゴリー:パン・ピザパン

 

切り目の入れ方で、ユニークな表情に

フーガスは平らに伸ばした生地に、切り目を入れて焼いた軽い食感のパンです。オリーブ入り、ハーブ入り(オレガノやバジル)、チーズのせなど、アレンジはさまざま。今回はベーコンと、ピリリと辛いブラックペッパーを入れました。子供用にはブラックペッパーなし。刺激が欲しいなら小さじ1かそれ以上、入れてもいいでしょう。ハロウィーン用に、宇宙人のような顔に切り目を入れて作っても!


フーガスの材料(4個分

フーガス
強力粉 100g
薄力粉 100g
きび砂糖 6g
4g
ブラックペッパー 小さじ1/2~1
インスタントドライイースト 4g
120ml
オリーブオイル 小さじ2(6g)
ベーコン 2枚(60g/細切りにする)

フーガスの作り方・手順

フーガス

1:

ボウルに強力粉、薄力粉、砂糖、塩、ブラックペッパーを入れ、水で溶いたインスタントドライイースト、オリーブオイルを入れ、スプーンで混ぜる。

2:

粉けがなくなるまで、よく混ぜたら、ひとまとめにして台に取り出す。

3:

生地の手前を指先でつまみ、台に叩きつける。手早く2つ折りにする。

4:

手前から奥に押し出すように、生地をこねる。90度回転させ、叩きつけて、2つ折りして、押し出す。これを繰り返す。

5:

10分ほどこねると、表面が滑らかになる。

6:

生地の一部を切り取り、指先で広げると、薄い膜状になればこね上がり。向こうが透けるほどの薄い膜でなくてもいい。

7:

生地を手のひらで押して、平らにし、細切りにしたベーコンをのせる。

8:

ベーコンを四方の生地を中心に集めてつまみとめ、ベーコンを完全に包み込む。

9:

生地をカードで3等分する。

10:

3つを重ねて、上からぎゅっと押し、ひとまとめにする。

11:

切って、重ねてをもう2回繰り返す。

12:

ひとまとめにして、丸く形を整える。

13:

ボウルに入れ、ビニールをかけて発酵させる。25℃の室温なら50分。オーブンの発酵機能を使うなら、30℃に設定して40分~50分。

14:

ひと回りほど大きくなったら、発酵終了。

15:

生地を手のひらで押して平らにし、カードで4等分する。

16:

手のひらで丸く整える。

17:

ぬらして固く絞った布巾をかけて、15分ほど休ませる(ベンチタイム)。

18:

再び、手のひらで生地を押して平らにしたら、麺棒で楕円形に伸ばす。

19:

オーブンシートを敷いた天板に置き、水をつけたナイフで葉のような切り目を入れる。発酵後も切り目が残るように、生地が貫通するまで、しっかり切り目を入れる。 顔のような形に切り目を入れても面白い。

20:

ビニールをかけて最終発酵させる。25℃の室温なら50~70分。オーブンの発酵機能を使うなら、30℃に設定して40分ほど。

21:

ひと回り大きくなって、ふっくらしたら最終発酵完了。

22:

好みで表面にオリーブオイル(分量外)を塗って、200℃に温めたオーブンで15~18分焼く。網にのせて冷ます。

ガイドのワンポイントアドバイス

ピリピリっとした刺激には、やっぱり冷えたビールがいちばん!オリーブオイルをたっぷり塗って焼けば、ワインにぴったり!