内臓脂肪を落としてポッコリ下腹を撃退!

体重が増えたわけではないのに、どんどんたるんでいく下腹に悩んでいる方、多いですよね。下腹の皮下脂肪が燃焼するためには順序が大切。実は、内臓脂肪が減ってからでないと、皮下脂肪が減っていかないのです。
お腹の脂肪を落とすエクササイズ

内臓脂肪を減らして下腹スッキリに!

自宅に内臓脂肪が測れる体重計がある人は、ぜひ一度調べてみてください。 体重は標準なのに、内臓脂肪は「多め」表示されていませんか?

もし内臓脂肪が多めだったら、内臓脂肪を減らして下腹ポッコリを解消するため、3週間ほど、これから紹介する2つの骨盤エクササイズを続けてみてください。どうしても取れなかった下腹のお肉がスッキリしますよ!


※骨盤ダイエットがはじめての方は、「骨盤ダイエット成功のポイント」をご覧ください。
   

ウエストをねじって内臓脂肪を燃焼!


ウエストをねじる動きは、内臓脂肪を刺激できる腹筋が効果的に使えます。 ゆっくり行うことで、ポッコリ下腹の原因である内臓脂肪をしっかり燃焼します。

400

ゆっくり行うのが成功のポイント!

 

1

 

1. 両手で頭を支え、上半身を持ち上げ、両足を揃える。
息を吸って準備。

※腹筋が苦手な人は、頭を持ち上げず、床に下げたまま行う。
 
2

 

2. 息を吐きながら、両足を揃えたまま左側へ45℃程度倒す。
 
1

 

3. 息を吸いながら、両足を正面・元の位置へ戻す。
 
3

 

4. 息を吐きながら、両足を揃えたまま右側へ45℃程度倒す。

左右交互にゆっくり5回ずつ繰り返す。

 

内臓脂肪を撃退する下腹ぺたんこダイエット


ウエスト引き締めのためには、早いスピードで行うより、ゆっくりとした動きで行いましょう。

400

※骨盤ダイエット初心者は、頭を持ち上げず、床に下げたまま行います

 
1

 

1. 両脚を揃えて軽く持ち上げ、両手で頭を支えながら上半身を持ち上げる。

息を吸って準備。
 
2

 

2. 息を吐きながら、腰が床から飛び跳ねないように行うのがポイント。

3. 上下5セット行います。
注)腰を持ち上げた時に痛みがある時は、悪化する可能性があるので行ってはいけません。

 
骨盤ダイエットいかがでしたか? お腹が特に気になるという貴女は、皮下脂肪じゃなく、内臓脂肪に原因がありそうです。 そんなあなたには全身運動よりウエスト集中ダイエットがおすすめ!内臓に近いインナーマッスル を使う下腹集中ダイエットにぜひチャレンジしてくださいね。

【大好評! ガイドおすすめの骨盤ダイエット】
▼ 5分間でヒップアップ! 美尻骨盤ダイエット
▼ 仕事中に正しく座って 美尻・下半身ダイエット

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。