これからの季節は正面のオープンテラスも気持ちいい(撮影:鈴木淳)

これからの季節は正面のオープンテラスも気持ちいい(撮影:鈴木淳)

原宿駅から代々木方面に数分歩いただけで、こんなにも落ち着いた居心地の良いカフェがあるとはガイドの私も驚きでしたが、この辺りはアパレルメーカーなどのオフィスが多いせいか、竹下通りを歩く世代層とはまったく異なった雰囲気があります。

風通しのよいお店は、「薬膳の敷居をなくす」といったコンセプトそのもの。代表取締役の磯部洋樹さんいわく、「食べるスープをテーマに、カレーやカフェメニューを合わせて、 薬膳を気軽に楽しめるお店を作りたかった」とのこと。

右が代表取締役の磯部洋樹さん。左が取締役の新井友加里さん(撮影:鈴木淳)

右が代表取締役の磯部洋樹さん。左が取締役の新井友加里さん(撮影:鈴木淳)

また、国際中医薬膳師という薬膳資格を持つ新井友加里さんが取締役ということもあり、お店構えはカジュアルでありながらも、内容はかなり本格的です。ということで、さっそく一押しのメニュー紹介に移りましょう!

ジメジメした梅雨にぴったりの薬膳!
「スペアリブと夏野菜のスープ」

薬膳スープが売りなだけあって、旬の野菜と薬膳素材がふんだんに入った具だくさんの無添加スープは種類が豊富です。そのなかでも、旬のスープがこの「スペアリブと夏野菜のスープ」。スペアリブ、冬瓜、とうもろこし(ひげ根を含む)、青柚子、落花生、ハスの実、蜜棗(甘味がついているナツメ)、龍眼、陳皮、クコの実などが入っています。
スペアリブと夏野菜のスープ。580円

スペアリブと夏野菜のスープ。580円



冬瓜はこもった熱を冷まし、水分代謝を良くしてくれます。とうもろこしは胃腸の働きを整え、とくにひげ根の部分は利尿作用が高く、湿気でカラダが重だるいような症状におススメの旬の代表食材です。超有名なテレビのグルメバラエティ番組では、スペアリブと根菜の入ったスープが紹介されていましたが、こちらも滋味深い味わいが楽しめる一品です。

スタミナをつける!「スプラウトと塩麹エビのゴマパスタ」

スプラウトと塩麹エビのゴマパスタ。930円(撮影:鈴木淳)

スプラウトと塩麹エビのゴマパスタ。930円(撮影:鈴木淳)

定番メニューではパスタ料理も取り揃えています。パスタも薬膳になるの? って話ですが、エビはカラダを温め、腎の働きを強めてスタミナをつける働きがあります。ソースに使用しているゴマは腸をうるおして便通をよくしたり、精力をおぎなってくれるので、スタミナ不足の薬膳に!

一見洋風ですが、自家製ラー油をトッピングできたり、平たい麺とゴマソースのコラボだったりで、実はアジアンテイストな料理です。スプラウトとの食感の違いも楽しんで。

こだわりのベジカレーや美肌茶は次のページで!