白い食材レシピ第1弾に続き、今回ピックアップした白い食材は「杏仁」と「豆乳」。なお、これ以外の白い食材は「秋の潤いデザート」でも紹介していますので、参考にしてください。
杏仁チャイ

杏仁の甘い香りがスパイシーなチャイとコラボ!「杏仁チャイ」



■杏仁
杏仁

右が市販の杏仁霜で、左が漢方薬局などにある薬用の渋皮つき杏仁


苦味で微温性(甜杏仁は甘味で平性)。肺に作用し、咳や痰を取りのぞく働きがある。脂質をふくみ、腸を潤すので便通をよくする効果もある。デザートではよく甘味のある甜杏仁を使い、薬用は苦味のある苦杏仁を用いる。

苦杏仁はシアンを含むので多量摂取はNG。杏仁豆腐を作るとき、両方入れると風味も豊かで本格的な味になる。


■豆乳
豆乳

豆腐の加工品になり、薬膳でも豆腐とは薬効が異なる

甘味で平性。カラダを潤し、口の渇きをいやす。咳を鎮めたり、痰を溶かす作用があるので、空咳やのどの乾燥にオススメ。利尿作用や便通をよくする働きもある。

ちなみにここでいうのは無調整豆乳のこと。調整豆乳は大豆固形分が少なく、糖質や脂質が多いので、調理する場合は無調整豆乳のほうがベター。

「杏仁チャイ」の材料

 <材料>2人分

紅茶……小さじ2
しょうがの千切り……1/2片分
シナモンスティック……1本
八角……1個
黒砂糖……大さじ2
水……300cc
豆乳……100cc
杏仁霜……大さじ2

 

「杏仁チャイ」の作り方

1 鍋に豆乳、杏仁霜以外の材料を入れて沸騰させ、弱火で5分煮こむ。
2 茶こしでこして鍋に入れる。
3 杏仁霜を豆乳で溶いて加え、再び加熱する。沸騰直前で火を止め、器に移す。

 

「杏仁チャイ」のポイント

チャイの材料である紅茶、しょうが、シナモン、八角、黒砂糖は、どれもカラダを温めて血行を良くしてくれるものばかりです。これに潤い食材の豆乳や杏仁が加わることで、乾燥の時期にもぴったりな薬膳ドリンクにもなります。いつものチャイに飽きた方も、ぜひお試しくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項