沖縄県の郷土料理 ゴーヤーチャンプルー

カテゴリー:その他郷土料理百選

 

チャンプルー文化が生み出した?夏バテ防止食

ゴーヤー、豆腐や野菜、豚肉などを炒めた郷土料理。チャンプルーとは、ウチナーグチ(沖縄方言)で「ごちゃ混ぜ」という意味で、料理における炒め物料理をさします。ビタミンCが豊富で夏バテに効果的とされるゴーヤーは、農家の畑ではもちろん、一般家庭の庭先でも栽培されており、沖縄県民から愛されている夏野菜です。

ゴーヤーチャンプルーをはじめ、麩で作るフーチャンプルーや素麺で作るソーミンチャンプルーなど、当地には多くのチャンプルーが存在します。

レシピ協力:ロケーションリサーチ株式会社



ゴーヤーチャンプルーの材料(2人分

ゴーヤーチャンプルーの材料
ゴーヤ 1本
豚肉 (ポーク缶詰)100g(豚こま肉かツナも可)
1個
木綿豆腐 半丁
適量
適量
うまみ調味料 少々(だしの素で代用可)
だし (白だし)少々
醤油 少々

ゴーヤーチャンプルーの作り方・手順

ゴーヤーチャンプルーの作り方

1:

熱した油の上によく水気を切った木綿豆腐をちぎって入れ、強火で約2~3分、薄くきつね色になるまで両面を焼き付ける。

2:

細長く切ったポークを入れ、豆腐と一緒に強火で約2~3分炒める。

3:

3mm幅に切ったゴーヤーを入れ1分程度炒めたら、水で5~10倍程度に薄めた白だしをおたまの半分量入れ、必ずふたをして中火で約3分待つ。

4:

ふたをとり軽くかきまぜ、フライパンを傾けて余分な汁気を捨てる。塩とうま味調味料で味を調え、香り付け程度にしょうゆを軽くたらして全体の味を確かめる。溶き卵をフライパンの周りから全体にかけ、火を消す。ふたをして約1分間蒸す。

5:

ふたを取り、器に盛り付けて完成。

ガイドのワンポイントアドバイス

ポークの代わりに豚こま肉やツナで作っても美味しいですよ。泡盛を少量入れて炒めると風味がよくなります、ぜひ試して下さい。ゴーヤーの苦みが苦手な方は、だしを多めに入れて炒めると食べやすいと思います。ゴーヤーチャンプルーにクーブイリチー(昆布の炒め物)、島らっきょ、そして泡盛の水割りがあれば最高ですね。(ぱいかじ 銀座三丁目店 料理長 西原)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。