梅雨時の薬膳のポイントは、梅雨に体調が悪くなる人ならない人や、だるさ解消の薬膳レシピでも紹介したように、発汗作用のあるもの、芳香性のあるもの、胃腸の機能を整えるもの、利尿作用のあるものなどを取り入れること。辛くて酸っぱくて喉ごしのよい薬膳レシピをご紹介します!

酸辣湯はるさめ

アツアツを食べていい汗かこう!「酸辣湯はるさめ」


今回のピックアップ食材

■ねぎ
カラダを温め、発汗作用があります。気のめぐりもよくするので、ストレスや冷えなどで気が滞りやすい人にもオススメ。

■花椒(山椒)
余計な湿気を取り除いたり、胃腸の機能を促進する働きがあります。中国山椒=花椒はとくに香りも強く作用も高いので、手に入るようならぜひお試しを!

鶏肉
気を補い、お腹を温める働きがあります。胃腸にやさしく、食欲がないときや疲れているときに有効的。

春雨(緑豆)
緑豆は利尿作用があり、こもった熱を冷ましたり、夏バテに用いられます。緑豆からつくった緑豆春雨は効果も穏やか。

「酸辣湯はるさめ」の材料

酸辣湯はるさめの材料

黒酢に変えるとまた別の味わいに
 

<材料> 2~3人分

緑豆春雨……30g
鶏むね肉……80g
ねぎ……1/2本
鶏がらスープの素……大さじ1
酒……大さじ1/2
砂糖……小さじ1
しょうゆ、塩……各小さじ1/2
水……500cc
水溶き片栗粉……大さじ1
酢……大さじ1~1と 1/2
花椒、ラー油……お好みで

「酸辣湯はるさめ」の作り方

1. 鶏むね肉は余分な脂肪や汚れを取りのぞき、ねぎの青い部分といっしょに水を張った鍋に入れてゆでる。

2. 1の鶏むね肉とねぎを取り出した鍋に、ねぎの千切り(白い部分)、分量外のお湯で戻しておいた春雨、鶏がらスープの素、酒、砂糖、しょうゆ、塩を加えて柔らかくなるまでに煮込む。

3. 鶏むね肉を裂いて鍋にいれ、水溶き片栗粉でとろみをつけたら酢を加える。器に移し、みじん切りのねぎと、細かく砕いた花椒とラー油をかける。

「酸辣湯はるさめ」のポイント

お酢の分量はお好みで加減してください。なお、春雨のかわりに冬瓜をいれるとさらに利尿作用がアップしますが、カラダを冷す効果も高くなります。カラダが冷えるタイプは多食を控え、ラー油や花椒などの、カラダを温めて血行をよくしてくれるスパイスで調節するといいでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項