「呼吸」をマスターして腹筋のベースを作る!

「姿勢」をマスターしたら、次に「呼吸」をマスターしましょう。

クビレウエストになぜ呼吸?と思われるかもしれませが、実は、ウエストを構成する筋肉の一番下に位置する「腹横筋」を鍛えるため。腹横筋は鍛えにくい筋肉ですが、これを鍛えるのには、「呼吸」が効果的なのです。

「腹式呼吸」を行うことにより腹横筋が鍛えられ、腹筋のベースを作る事につながります。どこでもできる簡単な方法ですので、腹筋を鍛える呼吸をマスターしましょう。

【呼吸】
腹式呼吸で腹筋を鍛えよう

腹式呼吸で腹筋を鍛えよう

1、ストッキングの先端を結びます。
2、背筋を伸ばして、結び目が口の前にくるように持ちます。
3、大きく息を吸って吐きます。この時、呼吸でストッキングの結び目が揺れるくらい大きく吐きましょう。口に結び目が当たらないように長く吐きましょう。
5回程度行います。

 

(ポイント)
・実施中にクラクラしてしまう場合は、「吸う」よりも「吐く」ことを意識して!
・呼吸を吸う時、肩が上がらないように、気をつけて
・お腹の下まで酸素を送り込むイメージで深く吸ってみて。
・吐く時は、おへその形を小さくするつもりで。「姿勢」で行ったように、おへそストッキングをまいてもOK!

更に、1ページの診断で「生活習慣改善タイプ」が多く該当した方は日常生活で簡単に取り入れられる「ウォーキング」のをお勧めします。

ウォーキングテクニックは、こちらの記事をご参考に!
基本の歩き方
腹筋を意識した歩き方

日常のなかで無理なく基本をマスターしよう

「姿勢」「呼吸」「ウォーキング」はどれも特別な時間を要しませんので、日常生活の中で無理なく取り入れる事が出来ます。日常の中で無理なく取り入れる事により、それが「習慣」となり、クビレ体質を作る事につながります。

身体の準備ができて、はじめて、行うトレーニングの効果がでるのです。
今回ご紹介したのは、トレーニングの効果が出やすい体つくりをするもの。是非、続けてみてください。

次回は各タイプ別エクササイズをご紹介します。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。