クビレ作りの準備は「姿勢」と「呼吸」からスタート!

全てのタイプに共通するための準備は「姿勢」「呼吸」をマスターすること!この2つをマスターした上で、タイプ別エクササイズを行うと効果がアップします。

ウエストは、「骨盤」と「ろっ骨」の間に位置しており、骨格に守られていない場所。「姿勢」を正すことは、「骨盤」と「ろっ骨」を正しいポジションに導き、クビレを作りやすい状態を作ります。まずは、基本姿勢をマスターしましょう。

【姿勢】
ストッキングをウエストラインに結んで呼吸を練習

ストッキングをウエストラインに結んで呼吸を練習

まずは、お手持ちのタイツ・ストッキングをご準備ください。

左の写真のように、ストッキングやタイツを結び目がおへそに位置するように結びます。
壁に背にして、踵・ふくらはぎ・ヒップ・肩甲骨・頭をつけて立ちます。

ストッキングでおへそをマークする事により、ウエストを意識しやすくなります。

 

ポイントはおへそ

ポイントはおへそ

横から見たら耳・肩・指先・膝横・くるぶしが一直線になっていること。正面から見たら、肩・ろっ骨・骨盤・床が並行になっているように立ちましょう。

「クビレウエスト」を作るための基本姿勢のポイントは、「おへそ」を意識することです!

ストッキングでマークしたおへそを壁につけるように、ゆっくりと引っ込めましょう。そうするととにより、腹筋が使われ「ろっ骨」と「骨盤」のポジションが自然と保たれます。おへその位置をマークする事により、腹筋を意識しやすくなります。

おへそを意識して腹筋の動きをマスターしたら、次のページにご紹介する「呼吸」をマスターしましょう!