皮なしソーセージ チェバプチチ

カテゴリー:その他手作り食材

 

皮なしソーセージ チェバプチチ

チェバプチチ(Cevapcici)、といってわかる人は少ないでしょう。皮なしのソーセージあるいは、葉巻型のハンバーグとでも言えばよいでしょうか。 原語では小さなケバブという意味のようで、トルコ料理のケバブに近い、バルカン半島地方のとてもおいしい料理です。 作るのはすごく簡単で味は最高。ビールのつまみにもぴったりだし、ピタパンに挟んでかぶりついて食べるのもおいしいです。またバーベキューにもぴったりの料理ですよ!

皮なしソーセージの材料(3人分

ソーセージの材料
合いびき肉 250g
ラム肉 (ラム挽肉、又はマトン挽肉)250g
ニンニク 2片
パプリカパウダー 小さじ1
カイエンヌペッパー 少々
こしょう 少々
小さじ1/2
ラムやマトンが手に入らない場合は、ビーフ、ポークだけでも結構です。そのときはつなぎに卵白を入れたほうが扱いやすいでしょう。ラムやマトンの挽肉には強い粘りがあり、つなぎがまったく必要ありません。

皮なしソーセージの作り方・手順

皮なしソーセージの作り方

1:

ボールにすべての材料を入れ、混ぜ合わせます。

※肉はブロックで買って自分で細かくするとよりいっそう美味になります(挽肉の作り方は手作りハンバーグを参照のこと)。

2:

手で肉を握りつぶすようにしてこねます。手を握るたびに指の間から肉がはみ出て、それをまたこねる、という感じです。肉が粘って手に吸い付くようになるまで、こねます。

こね終わったらしばらく生地を休ませます。

3:

肉を両方の掌で転がすようにして、ソーセージのような形に整えます

4:

フライパンを煙が出るまで熱し、オリーブオイルを入れてなじませたら、ソーセージ型に整形した肉を入れます。転がすようにして全体に焼き目を付けたら弱火にし、フタをして6 ~7分ほど、中心に火がとおるまで加熱します。

耐熱皿に並べてオーブンやオーブントースターで焼くといっそう美味です。

ガイドのワンポイントアドバイス

粗切りのたまねぎと一緒にピタパンに詰めて、レモンを絞って食べるとおいしいですよ! またヨーグルトに塩を加えたヨーグルトソースをかけたりもします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。