愛情をこめた手作りハンバーグ
つけあわせはクレソンが一番!
ハンバーグは、手をかければ手をかけた分だけおいしくなります。家族への愛が味に直結する、まさに「愛情料理」と言えるでしょう。

「手をかける」という言葉どおり、ハンバーグ作りでは、とにかく手を使ってよく揉みこむことが大切です。
ナイフを入れるとジュワッと肉汁が染み出るジューシー・ハンバーグの決め手は、なんといっても、この「愛の手こね技」なのです。
おいしくなあれ~、と念じながら、材料をしっかりと揉みこみましょう!

そして、蜂蜜を使った、簡単に作れる自家製ケチャップもご紹介。このケチャップがおいしさをいっそう引き立てます。


材料

(4人分)
牛モモ肉か肩ロース肉ブロック(両方を混ぜてもよい):400g
タマネギ:中1個(約200g)
バター:大さじ1
パン:細かくして2/3カップ
牛乳:50cc
卵黄:2個分
:小さじ2/3
黒コショウ:少々
ナツメグ:少々
牛脂:大さじ1
白ワイン:大さじ2
クレソン(つけあわせ):適量
自家製はちみつケチャップ:適量



※肩ロースとモモ肉を混ぜて使うと、より味に深みが出ます。
※肉は冷蔵庫でよーく冷やしておいてください。


>作り方は次ページへ!