簡単!温泉卵の酢醤油漬け

カテゴリー:サブのおかず温泉卵

 

秋の夜長を愉しむ焼酎の肴 温泉卵の酢醤油漬け

温泉卵といえば、朝粥のお供とか、さわやかなおかず、といったイメージがありますが、これは完全な肴の味。ねっとりした黄身の食感がたまりません。晩酌のお供に最高です。特に本格焼酎にぴったりの味ですので、秋の夜長を焼酎でゆったりと愉しみましょう。

温泉卵は市販のものを使っても結構です。自分で作る場合は、生卵を60~70℃ぐらいで保温し続けると温泉卵が出来ます。作り方は『お鍋で簡単! 温泉卵の作り方』に書きましたが、ここにももう一度書いておきます。

温泉卵の酢醤油漬けの材料(5人分

温泉卵
5個
1L
大さじ1
調味液
醤油 60cc
60cc
日本酒 100cc
みりん 大さじ2

温泉卵の酢醤油漬けの作り方・手順

温泉卵を作る

1:

まず厚手の鍋(わが家で使うのはこのSTAUB鍋です)に水と酢を入れて火にかけます。沸騰したら、水1カップを入れます。

わが家の鍋だとこれで75℃ぐらい。最初は温度計を使って、75℃前後になるように水の量を調節してください。

2:

続いて卵を入れます。この鍋だと、冷蔵庫から出してすぐの冷たい卵5個を入れると一番ほどよくできます。1つだけとか、常温の卵を使う場合は、水温をもう少し下げた方がいいでしょう。

また出来上がりは外気の気温によっても左右されます。浸け始めが70℃ぐらいになるようにうまく調整します。ちなみにこれを作ったときは外気は25℃ぐらいでした。

3:

鍋にふたをして20分間そのまま置きます。この鍋だと20分後には水温が62℃ぐらいに下がります。

4:

20分経ったら水で冷やしてから、殻をやさしく割って、写真ぐらいの穴を開け小鉢などに流し入れます。

調味液に漬ける

5:

温泉卵を作っている間に調味液を作ります。酒、酢、みりんを鍋に入れ、火にかけ沸騰させてアルコール分などを飛ばし、醤油を加えて、室温に冷まします。

そこに温泉卵を割り入れ、半日ほど漬け込みます。

6:

器に入れ、小口切りのアサツキなどを散らして出来上がりです。

ガイドのワンポイントアドバイス

私はSTAUBの鍋を使っていますが、ル・クルーゼなども最適。あとは土鍋や厚手のステンレス多重層鍋なども向いています。薄手の鍋や銅鍋などはどうしても保温力が劣るので、避けたほうがよいでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。