比較1(立ち姿勢)

下の写真2枚は、横から見た立ち姿勢の比較です。
具体的にどこが太ももに良くないのでしょう?
太ももに負荷がかかっている

太ももに負荷がかかっている


■NG写真
1.股関節が伸びていない
2.太ももが張り出し、膝が爪先よりも前に出ている
3.全身の重心が真っ直ぐになっていない

太もも前面だけが体重を支えるような、不自然な姿勢になっているのがわかります。

 

正しく伸びた股関節

正しく伸びた股関節

■OK写真
1.股関節が伸びている
2.太ももが真っ直ぐ
3.足裏から頭まで全身の重心が真っ直ぐ

この姿勢は、腹筋や背筋、内もも、ヒップなど全身の筋肉を使って姿勢を維持しているので、太ももが張り出すようなことはありません。逆に立っているだけで太もも引き締め効果があります。

 

比較2(ウォーキング姿勢)

次は、ウォーキング時の姿勢を比較してみましょう。

体重を太ももで支えている

体重を太ももで支えている

■NGウォーキング
まずは、上のNG姿勢で歩いてしまった場合。

1.股関節が縮まっているので、脚が真っ直ぐに出ない
2.両足が上半身よりも前に出て太ももだけで身体を支えている
3.全身の重心が落ちているため、後ろ足で正しく蹴りが出来ない

 

この姿勢では、太ももに全体重がかかってしまうだけでなく、体重移動に必要な「蹴り」が出来ません。正しい「蹴り」は美脚の第一歩です!
(詳細はこちらの下半身テク「ポイント5」を)

体重移動に必要なパワーを、全て太ももが補おうとしているので、歩けば歩くほど、太ももばかりが太くはりだす事になります。

 

重心が身体の中心

重心が身体の中心

■OKウォーキング
こちらは、OKウォーキングの姿勢のです。

1.股関節が伸び、前脚・後ろ脚ともに真っ直ぐ伸びている
2.脚が上半身の前後で均等に身体を支えている
3.全身の重心が中心に保たれ、引きあがっている

 
こちらは、腹筋やヒップを正しく使い、後ろ脚でしっかり蹴れるので、全身の筋肉で体重を支えています。よって、太ももだけが張り出すようなことが無く、太ももの引き締め効果が抜群です!

どうですか?姿勢だけでウォーキングの効果にも違いがあります!
次ページでは「股関節の姿勢を正しくする簡単エクササイズ」をお教えします。