メタルタイプもある。

先程のペンデザインはそのままにメタルボディタイプも用意されている。こちらはメタルということが一目でわかるマットなシルバー仕上げ。こちらは、うって変わって、かなりの重量感がある。
MOLESKINE ペン

メタル ローラーペン5880円

MOLESKINE ペン

  MOLESKINEのセットも、もちろんOK

カラーリフィルもラインナップ

今回のゲルインクでは、カラーリフィルも用意されている。その色が何とも MOLESKINE らしい。
ブルー、バイオレット、グリーン、ダークブラウン、レッド。それぞれの色合いがやや落ち着いたものになっていて、MOLESKINEのクリーム色の紙の上でよく映える。カラーリフィルは基本0.7mm タイプだが、ブラックとブルーについては、0.7mmの他に0.5mmもラインナップされている。


鉛筆タイプもある

先程と全く同じデザインの鉛筆タイプの用意されている。キャップをセットしている状態でローラーペンと並べると、どちらが鉛筆かがわからないほどである。
MOLESKINE ペン

こうして並べるとローラーペンとの区別がつかない。下が鉛筆タイプ。鉛筆2本+キャップ1コ+シャープナーセットで1995円

MOLESKINE ペン

鉛筆の軸は当然、木製だが、そうとは思えない仕上がり

今回のやや太めの軸にあわせて芯も3mmと太めになっている。芯は2Bということだそうだが、私が書いた印象ではやや薄めの HBかB くらいのように感じた。
MOLESKINE ペン

鉛筆のボディには硬度が2Bとあるが、印象としてはもう少し硬めであった

うれしいことに鉛筆削りもセットされている。鉛筆削りの差し込み口は、一般的な丸型。これで果たして四角い鉛筆を回転させることができるのだろうかと疑問がわいたが、実際にやってみると、大丈夫だった。ごくごく普通に削れていく。丸い穴の中で長方形軸の鉛筆をクルクルと回転されるのは、何とも不思議な感覚。
MOLESKINE ペン

長方形軸とは言え、ふつうの鉛筆削りのように削っていける

MOLESKINE ペン

ご覧の様にキリリと尖らせることができる

まるで外付けのペンケース

今回のペンではいずれも、ペン単体で MOLESKINEにセットすることができるのが最大の特長。ただ表紙の右端からセットするということで、どうしても一冊につき1本のペンしかセットできない。2~3本をセットしたいという方のために、クリップ式ペンホルダーがある。
MOLESKINE ペン

クリップ式ペンホルダー+スリップオン式グリップ1785円

こちらもMOLESKINE の表紙にクリップで セット できるようになっている。
MOLESKINE ペン

クリップ式ペンホルダーの裏側にはクリップがあり、表紙の下側からこの様にキ挟み込んで固定できる

面白いのは、ペンホルダーにはただ三つの溝があるだけ。しかし、 MOLESKINE のペンをそこに差し込むとピッタリとはまるようになっている。揺すってみてもペンはびくともしない。このホルダーもキャップと同じステンレスベースにラバー仕上げとなっている。これによってペンをしっかりとホールドしてくれているようだ。
MOLESKINE ペン

      ペンを溝に挟み込んでいるだけなのだが、ホールド感はバッチリ

MOLESKINE ペン

ペンホルダーには、スリップオン式のグリップも付属それている。素材はラバー製


MOLESKINE ペン

ローラーペン、鉛筆ともにサラッとした質感なので、これを付けるという手もアリだ

この様に今回の MOLESKINE のペンでは単にデザイン性が優れているということだけでなく、キャップをラバー仕上げにして表紙にしっかりと固定できるようになったり、スプリングを搭載し書き味を向上するなど、機能面でもかなり踏み込んだものとなっている。

実は今回のペンはイタリアのインダストリアルデザイナーのジュリオ・イアケッティ氏が手がけている。ジュリオ氏の代表作である多目的なカトラリー「Moscardio(モスカルディーノ)」は、MoMA(ニューヨーク近代美術館)永久デザイン所蔵品にも認定されている。

今回のMOLESKINEの各種ペンは、日本では早いところではこの5月から販売がスタートするという。これは楽しみだ。

【関連リンク】
MOLESKINE 公式サイト
「所有する喜びが感じられる手帳」 MOLESKINE 

【最近の記事】
両刀使いできる多色シャープペン オートポイント
ビックも参戦!滑らか油性ボールペン市場
3冊セットして使えるカバー&ノート

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。